2024年5月20日

海外IR

海外のカジノ・IRに関連する情報をまとめて掲載しています。ダイスはVR/AR、ゲーム、eスポーツ、カジノ・IRなどの最新ニュースを提供しています。

バーンスタイン・リサーチは29日、7月1日に営業再開されるシンガポールのカジノの総ゲーム収益(GGR)が、コロナウイルスの流行前の2019年の水準に戻るには、2023年までかかるとの見通しを発表した。Asia Gaming Briefが29日伝えた。
リゾート・ワールド・マニラのオーナー兼運営会社であるトラベラーズ・インターナショナル・ホテル・グループの2019年の純利益は、前年比35%減の9億4500万ペソ(20億2800万円)だったことがわかった。Asia Gaming Briefが26日伝えた。
韓国国内最大のカジノで唯一地元住民の受け入れを認めている「江原ランド・カジノ(Kangwon Land Casino)」は、22日に営業再開する予定だったが、再び閉鎖を1週間延期することを決定した。最新の情報では6月29日に営業再開する。Asia Gaming Briefが22日伝えた。
ウデンナ・コーポレーションのゲーム・ホスピタリティ部門であるPHリゾーツ・グループ・ホールディングスは、セブの統合型リゾート「ザ・エメラルド・ベイ」の第一工期の完成が22年第1四半期まで延期されたと発表した。IAGが23日伝えた。
ブルームベリー・リゾーツは、コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの影響で建設が遅れているため、フィリピンでの同社2番目となるカジノ含む統合型リゾート(IR)は2022年後半、または2023年前半に開業すると見込みを述べた。Asia Gaming Briefが伝えた。
マカオのタイパのグランドビューカジノと半島のカジノ・カーサ・レアルを運営するキングストン・フィナンシャル・グループ・リミテッドは、2020年3月31日に終了した事業年度の利益が、前年比で約50%減少するとの予想で、利益警告を発表した。IAGが22日伝えた。
米国ゲーミング協会(AGA)は、カジノ決済の近代化に関する新しいポリシーペーパーを発表した。同業界団体によると、最近の調査では、コロナウイルスの流行により、カジノ利用者の10人に6人近くが日常生活でデジタルまたは非接触型の支払いを利用することに興味を示し、カジノにおいてもキャッシュレス化を望んでいるという。GGR ASIAが17日伝えた。