2020年09月20日

マカオのカジノ事業者キングストン・フィナンシャル、利益50%減予測で利益警告発表

マカオのタイパのグランドビューカジノと半島のカジノ・カーサ・レアルを運営するキングストン・フィナンシャル・グループ・リミテッドは、2020年3月31日に終了した事業年度の利益が、前年比で約50%減少するとの予想で、利益警告を発表した。IAGが22日伝えた

香港証券取引所への提出書類の中で、同社は減益の主な原因として、信用融資における顧客への立替金の減損損失が大幅に増加したことを挙げている。また、2020年2月5日から20日までの15日間、マカオのカジノを閉鎖することを余儀なくされており、コロナウイルス(COVID-190の国境規制により、会計年度の残りの期間中は入場者数が大幅に減少していた。

キングストンは昨年、2019年3月31日に終了した12カ月間のオーナーに帰属する利益が前年同期比26%減の10億香港ドルとなったことを報告した。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。