2020年09月26日

ゲンティン 、英国での全ライブポーカーの運営停止

ゲンティン がイギリスでのライブポーカー事業をすべて停止したため、イギリスのポーカー界に大きな打撃が出ている。コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの影響により、営業を再開しないようだ。PokerNewsが伝えた

バーミンガムのカードルームで働いているという匿名を希望のゲンティン の従業員は、「ゲンティン はカジノでのライブポーカーを停止する」と言われたという。バーミンガムのゲンティン・リゾーツ・ワールド・カジノは98人の従業員を失い、イギリス中のゲンティン・カジノでは20~50人の雇用が失われていると情報筋は述べている。

ゲンティン のあるカジノで働くカードルームマネージャーが、自身のフェイスブックページにゲンティンの解雇について更新した。
「ポーカープレイヤーの皆様、ありがとうございました。いいが出来たことを願っています。これ(解雇)に値しない同僚(家族)に思いを馳せています。(今の状況は予想されていたことですが)君たちは皆スーパースターで、チームに君たちがいたことを誇りに思います。前向きに、そして上向きに。PS 誰か雇ってくれませんか?」

ゲンティン 、英国内の3つの施設を閉鎖
ライブポーカーの運営停止は、ゲンティン がイギリスのカジノ3店舗の閉鎖を検討していると発表してから1週間も経たないうちに起こった。

レジャー・ホスピタリティ労働者のための組合であるGMBは、ブリストル、マーゲート、トーキーにあるゲンティン のカジノが恒久的に閉鎖される予定であることを明らかにし、大幅な雇用喪失をもたらした。GMBはまた、同社の残り29のサイト全体で雇用が減少する可能性があると警告している。

ゲンティン UKの社長兼COOであるPaul Willcock氏は従業員に次のようにな声明を送った。
「コロナウイルスのパンデミックは、前例のない課題を引き起こしている。このことは、当社の事業に大きな財務上の影響を与え、当面の間、大きな不確実性をもたらしました。生き残るためには 難しい選択を迫られています。」

ゲンティンポーカーシリーズの終了
長く続いているゲンティン ・ポーカー・シリーズ (GPS)の最後のイベントが終了したようだ2012年に発売されたGPSは、その強固なブラインド構造、手頃な価格の440ポンド(約5万8000円)のバイインと実質的な保証のおかげで、その黎明期に非常に人気があることを証明した。

ゲンティンは不可解なことに、数年前にiPoker Networkで運営されていたオンラインポーカー部門を閉鎖している。

参加者数の減少とGPSのリストラにより、より小さなバイインストップが予定されている。最後のGPSイベントは、397人の参加者を集め、2万6966ポンドを授与したトレント上のゲンティンクラブストークで開催された80ポンドのバイインだった。

最近のゲンティンのリフォーム
ゲンティン がルートンのカジノの改装に75万ポンドを費やしてからわずか1年。その改装の一環として、「より親しみやすいポーカールーム」が作られたが、現在はより多くのゲームフロアに改装されている。

18カ月前、ゲンティン ・カジノ・ウエストクリフは数百万ポンドの改装を受けた。

5年前、ゲンティン・リゾーツ・ワールド・バーミンガムが一般公開された。それは1億5000万ポンドの費用がかかり、ゲンティン ・アリーナ(正式にはNEC)の敷地内にあるエンターテイメントとショッピングの複合施設の一部だ。50のショッピングアウトレット、映画館、ホテル、広大なカジノを備えている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。