2019年12月09日

アングリーバードのVRゲームスタジオが2億円超を調達

playstation

英国本拠で、協力型VRゲーム「The Angry Birds Movie 2 VR:Under Pressure」の開発元であるXR Gamesはこのほど、ACTやPraetura Venturesなどから200万ドル(約2億2000万円)を新たに調達した。調達した資金は、ハリウッド映画スタジオなどとの提携による新たなゲームの開発に充てる。ROAD TO VRが伝えた

XR Gamesの創設者兼CEOであるボビー・サンディ氏は、次のように述べた。
「PraeturaによるXRゲームへの投資を非常に嬉しく思います。資金提供のほか、当社の成長のビジョンを共有し、また、戦略的なサポートを提供してくれます。これは、当社が新たな投資のパートナーを選択する際に非常に重要な要素でした。Praeturaのサポートは当社のビジネスにとって重要なマイルストーンになるでしょう。新たな機会を掴み前進するため、一緒にチームを成長させ、メジャーな映画スタジオとのパートナーシップを構築していきます」

XR Gamesは2017年に創業した。アングリーバードのVRゲームのほか、これまでにカートレースゲーム「All-Star Fruit Racing VR」をリリースしている。今回の投資ラウンドまでに調達した額は計460万ドルとなっている。2018年1月のシードラウンドではオーストラリアのGlobal Mercesが260万ドル投資した。

シェアする