2019年12月09日

AR(拡張現実)についてどこまで知ってる?意味や応用事例を初心者にも分かりやすく解説

近年AR(Augmented Reality)という技術はさまざまな分野で応用されており、今後ますます私たちの生活を便利にすると言われています。

しかし一方では、
「名前は聞いたことあるけど、ARとは何なのかが分からない」
「何となくは知ってるけど、具体的にどう役立つのか分からない」
という人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ARの基礎知識や応用事例を分かりやすく解説します。この記事を読めば、「ARとは具体的に何なのか」という疑問が解決します。

ARとは

ARとは

ARとは「Augmented Reality」の略であり、直訳すると「拡張現実」です。現実世界の映像にコンピュータが作ったデジタル映像を重ね、目の前に広がる世界に情報を追加します。

身近な例で言うと、世界的に大ヒットしたスマホゲーム「ポケモンGO」もARです。スマホ越しに撮影した映像にポケモンを投影し、あたかも現実世界にポケモンが現れたかのような演出をしています。ARはその他の分野にも応用されており、スマホ1台あれば利用できるサービスも多いです。現実世界とコンピュータの世界の融合が、今後ますます私たちの暮らしを便利にしてくれると期待されています。

ARの仕組み

ARの仕組み

まず前提として、ARにはスマホやタブレット、専用ゴーグルなどの「カメラの付いたコンピュータ」が必要です。カメラで現実世界を撮影しつつ、それに連動したデジタル映像を投影します。

現実世界とデジタル映像を重ね合わせるためには、現実世界において以下のような情報取得が必要です。

・位置情報(撮影者が今どこにいるのか)
・空間情報(撮影者のいる空間はどんな形状なのか)
・画像情報(ARを起動させるための特定の画像)

上記のような情報をコンピュータが認識すると、それに応じた映像が現れます。

例えば先ほど例に挙げた「ポケモンGO」は、「〇〇地区の△△付近を歩いている」という「位置情報」を認識した後、それに応じたポケモンをスマホ内に映し出すという仕組みです。

またAR用に作られた専用のマーカーやバーコードを「画像情報」として認識し、あらかじめ決められた映像を映し出すARもあります。

このように現実世界のさまざまな情報を認識し、それに応じた映像を映し出すというのがARの仕組みです。

ARの応用事例

ARの応用分野

ARの応用分野は多岐にわたります。続いてはARが具体的にどんな場所で応用されているのかをみていきましょう。

【応用事例①】ゲーム分野

最も身近なARの応用事例がゲーム分野です。具体的には、現実世界にゲーム内のキャラクターやフィールドを映し出すというもの。ARを用いて現実世界とゲームの世界を融合することで、ゲームへの更なる没入感を実現しています。

最近だと「ポケモンGO」や「ドラゴンクエストウォーク」などの、現実世界をゲームに見立てて動き回るコンテンツが流行っていますね。

今後どんなふうにARがゲームへと応用されていくのかも要注目です。

【応用事例②】観光分野

観光分野においては、より観光を楽しむためにARが応用されています。

具体的な事例として有名なのが、凸版印刷が開発した「ストリームミュージアム」。観光地にて史跡や城郭を撮影すると、当時の映像がスマホ上に映し出されます。情報量を増やしてより観光を楽しめるのが魅力です。

ARが普及することで、観光の楽しみ方も大きく変わってきそうですね。

【応用事例③】ショッピング分野

ショッピング分野においては、商品の購入促進を目的にARが応用されています。

最近では、大手ショッピングサイトAmazonが「ARビュー」という機能を導入しました。ARビューで家具や家電を置きたい場所を撮影すると、原寸大の商品がその場に映し出されます。購入前にサイズ感やコーディネートを確認できるのが便利ですね。

今後もさまざまなショッピングサービスでARが導入され、買い物がより便利になると期待されています。

【応用事例④】教育分野

教育分野も、ARの登場で大きく変わろうとしています。

中高生向け参考書でお馴染みの東京出版は、スマホアプリと連動する「AR教科書」を開発しました。アプリを通じて教科書内の写真や図形を撮影すると、画面上で3Dの映像が動き出します。3Dによる感覚的な理解につながるのに加え、勉強が嫌いな子どもも楽しく学べそうですね。

数年後はARを利用した勉強が当たり前になっているかもしれません。

【まとめ】ARで暮らしはもっと便利になる

ARは既にさまざまな分野で応用されています。また現在も多くの企業がARの技術開発に力を入れており、今後もますます便利なサービスが登場することでしょう。ARを実際に使ってみたいという人は、まずはARを応用したスマホアプリを試してみるのもいいと思います。実際に使ってみると、ARにますます興味がわくはずです。
ARが普及し、暮らしがますます便利になっていくのが楽しみです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。