2020年07月08日

開発者向けVRヘッドセット、日本で続々販売開始

VR

エルザ ジャパンはこのほど、フィンランドVarjo社の開発者向けVR/ARヘッドセット「XR-1」と、同じくVarjo社が開発した人の眼レベルの高解像度VRヘッドセット「VR-2 Pro」の日本国内販売を開始したと発表した。海外での販売価格は「XR-1」が9995ドル(約108万円)、「VR-2 Pro」が5995ドルとなっている。
日本での販売価格はそれぞれ問い合わせとなっており、公開されていない。「XR-1」は1月中旬出荷予定で、「VR-2 Pro」は 6 日から販売開始している。

「XR-1」は、人の眼レベルの高解像度VRヘッドセット「VR-1」の高機能・高性能を受け継ぎ、外界の映像をリアルタイムで取り込むカメラを搭載している。

varjo_xr-1

開発者向けのXR-1

現実世界と見分けがつかない仮想コンテンツを表示するという。また、カメラからの映像を低遅延(15ms未満)で高精細なままシームレスに合成可能。1度未満の追従性度と高速で正確なキャリブレーション性能を備えた20/20 アイトラッカーなどが特徴となっている。Volvo Cars社は2018年夏から同製品をワークフローに活用しているという。

「VR-2 Pro」は「VR-1」「VR-2」の改良モデルで人の眼と同等の解像度を持つヘッドセット。

VR2pro_

VR2 PRO

VR-1の性能・機能をベースにしたネイティブモード(最大60ppd)に加えSteamVRコンテンツおよびOpenVR開発プラットフォームを超高解像度(最大40 ppd /片目毎4Kレンダリング時)でサポートする。Ultraleap社のハンドトラッキングに対応し、周辺視野と色の一貫性が改善された新しいバイオニックディスプレイを採用している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。