2020年09月26日

VR造形ツール「Oculus Medium」、アドビ製品の仲間入りへ

oculus touch

「Photoshop」「Illustrator」などのクリエイティブソフトウェア開発を手がけるアドビがこのほど、フェイスブック傘下のオキュラス部門が開発したVR造形ツール「Oculus Medium」を買収すると発表した。ゲーム以外でのVRユースケースの創出が加速しそうだ。

「Oculus Medium」は2016年12月にOculusがローンチした没入型VR造形ツール。「Oculus Rift」「Oculus touch」を使って、VR空間にいながら3Dオブジェクトを制作できる。現時点で、「Oculus Medium」はこれまでと同様に無料で利用可能。ツールの改良などの変更は来年になる見通しだ。

アドビは、「Mediumのツールとテクノロジーの統合は、我々の3D、イマーシブ(没入型)戦略に大きく寄与するでしょう。3D、ARスペースへの投資拡大を行ってきて、ついに相互補完的な両者の力を合わせることができます。Substance(今年1月に買収したAllegorithmic社の製品で3Dマテリアルやテクスチャを作成)とMediumチームは、我々と次世代3Dツールに一緒に取り組んでいきます」と述べている。

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。