2020年09月21日

フェイスブックのザッカーバーグCEO「 Oculus Questは我々の期待を超えている」

フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグ氏は投資家に対する収支報告で、「Oculus Questは我々の期待を超えている。Questの出来にはかなり満足しており、この期間にもっと早く製造できるようになればいいと思っている」と述べた。UPLOAD VRが伝えた

フェイスブックが広告主導のビジネスであることに変わりはないが、Oculus製品が同社の収益の「その他」カテゴリーの成長を牽引している。特にQuestは、1月に行われたの同社の四半期決算で好調だったと言及された。「Oculus製品」は、第1四半期の「その他」部門の収益を前年同期比80%増の2億9700万ドルに押し上げた。

フェイスブックは、消費者用VRヘッドセットのどのデバイスの販売数もリリースしていないため、収益の数字と決算会見中のコメントは、そのVRビジネスの健全性を判断するための唯一の方法となる。Oculus Questは、数カ月の間入荷待ちになっているか、コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの前でさえ数カ月間購入不可になっていたが、ここ数週間で在庫がより多くの頻度で回復したようだ。しかし、今週注文したとしても、Oculusの公式サイトによると、5月末まで出荷されないという。

ザッカーバーグ氏は次のように述べている。
「人々があまり外に出て行けないように、物理的に一緒にいることができない場合でも、私たちが一緒にいるという感じを可能にする技術があります。それがQuestでも、ポータルでも、または私たちがビデオプレゼンスの周りに構築しているソフトウェアでも 、それらの使用率は大きな上昇を経験しています。これにより、VRやARの採用に関するトレンドが加速する可能性はありますが、長期的にどうなるかはわかりません」

フェイスブックはVRとARの研究開発に年間数十億ドルの投資を続けている。その資金は、この技術が「距離に関係ない個人的なつながり」をより生み出すという長期的な賭けと見られている。同社は、Oculus Quest上のストアから販売されるコンテンツに対して、コンソールのような厳格なキュレーションポリシーを採用した。SideQuestは開発者がヘッドセット向けに製品を配信するための代替ルートを提供しているが、多くのQuest開発者からは、フェイスブックのスタンドアローン向けのあらゆるVRプラットフォームで最高の売上を見ていると聞いている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。