2020年09月30日

Oculus Questストア2020の統計、170以上のアプリと強力なクロスバイサポート

VR

発売からほぼ1年が経過したOculus Questのストアには170個のアプリ/ゲームがあり、うち82個のアプリはQuestとRiftプラットフォーム間のクロスバイをサポートしている。UPLOAD VRが21日伝えた

2019年5月に発売されたフェイスブックのスタンドアロン型オールインワンVRヘッドセット「Oculus Quest」は、開発者と消費者の間で人気が高いことが証明されている。発売時には50個以上のアプリやゲームがラインナップされていたが、発売から数カ月でQuestストアのコンテンツ量は大幅に増加した。以前に他のプラットフォームでリリースされたゲームの多くが、1年の間にQuestでもリリースされた。同様に、昨年発売された新作の中には、Questで同時に発売されたものもあれば、他のプラットフォームで先に発売され、後日クエストで発売されたものもあります。また、一握りのQuest独占ゲームや、先にQuestでリリースされ、後から他のプラットフォームで発売されたコンテンツもあった。

数字で見るオキュラスクエストストア

本記事公開時点で、Oculus StoreのQuestでダウンロードできるアイテム(ゲームとアプリ)は合計170点。うち、ゲームが113点、アプリが50点、有料アプリの体験版が7点となっている。この数字には、Oculus Browser、Oculus Venues、Oculus TV、First Steps、First Contactなど、Oculus Questストアに掲載されているOculusアプリが含まれている。


Oculus Questストアの全163体験(有料ゲームのデモを除く)のうち、コンテンツは70%が有料、30%が無料となっている。


Oculus Questのゲームを具体的に見ると、Oculus Quest発売前に他のプラットフォームで発売されたゲームの移植タイトルが67本(59%)となっている。Quest発売後にリリースされたマルチプラットフォームタイトルでは、Questと他のVRプラットフォームで同時発売されたタイトルが29本(26%)、他のVRヘッドセットよりも先にOculus Questで発売され、その後他のプラットフォームで発売されたゲームは7本(6%)だった。

逆に、Questの発売後、他のVRプラットフォームが先で後にQuestでリリースされたゲームは6本(5%)だ。完全なQuest専用ゲームは2本(Bogo、Time Stall)と、過去に発売されたゲームのリマスター版で、新規/アップデートされたコンテンツやビジュアルの改善が行われているものが2本(Radial-G: Proteus、Death Horizon: Reloaded)あるのみだ。


Oculus Questの有料ゲームを調べてみると、ストア上の有料ゲームの72%がOculus RiftとOculus Questのクロスバイに対応している。クロスバイに対応していない32本の有料ゲームのうち、Riftプラットフォームでは全く利用できないのは2本だけだ(Radial-G: ProteusとTime Stall)。


クロスプレイをサポートしているOculus Questのゲーム82本を詳しく見てみると、54%が移植版で、32%が同時発売だった。さらに、最初にQuestで発売され、後にRiftを含む他のプラットフォームで発売された 7 本のゲームのすべてがクロスバイをサポートしていた。


クロスバイに対応していないゲームの総数は少ないが、クロスバイに対応していないゲームの大半(69%)は移植版となっている。Questと他のプラットフォームで同時発売されたゲームの圧倒的多数がクロスバイに対応しており、26本のうちクロスバイに対応していないゲームは2本のみとなっている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。