2020年07月10日

米大学リーグと連携でTikTokカップ開催、LoLやCS:GOなど4タイトルで賞金6万ドル

短時間動画プラットフォーム「TikTok」はアメリカ最大の大学リーグ「Collegiate StarLeague (CSL)」と提携し、新たなeスポーツイベント「TikTok Cup」を開催する。
フォートナイト(Fortnite)、リーグ・オブ・レジェンド (League of Legends、LoL)、カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(Counter-Strike:Global Offensive、CS:GO)、ロケットリーグ(Rocket League)を含む4つのeスポーツタイトルで約6万ドル(約644万円)が授与される。また、TikTok動画を投稿したプレイヤーには追加の賞品が贈られ、その一部はトーナメントの放送でも紹介される。THE SPORTS OBSERVERが27日伝えた

TikTokでは、100 Thieves、FaZe Clan、Team SoloMidなどのトップ組織がプラットフォーム上で活動しており、ゲームインフルエンサーやeスポーツチームの間で着実に人気が高まっている。今年初めには、Methodの共同CEOであるScott “Sco” McMillan氏がプラットフォームと提携し、自身のソーシャルメディアで共有するためのビデオクリップを作成している。

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。