2020年09月23日

ESLプロリーグ、CS:GOの平均分視聴者数が215%増加、16万5000人観戦

グローバルトーナメントオーガナイザーのESLは、ESLプロリーグ・シーズン11の平均分視聴者数(AMA)が215.5%増加したと発表した。カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(Counter-Strike:Global Offensive、CS:GO)大会のAMAは16万4494人で、これは2019年後半に終了したシーズン10の5万2140人から急増している。(ESLが報告したシーズン9との比較では39%の増加)。これらの数字は中国を除いたものだ。THE ESPORTS OBSERVERが伝えた
ESLプロリーグの最新シーズンは、3月16日〜4月12日に開催され、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの影響により、リーグはコロラド州デンバーでのグランドファイナルイベントを中止せざるをえなかった。代わりに、リーグは完全にオンライン化され、北米とヨーロッパの地域決勝戦が行われ、それぞれTeam LiquidとFnaticが優勝した。

今年の初め、ESLはCS:GOの13の組織と「ルーヴル協定」と呼ばれる協定を締結し、リーグの利害関係者となった。

昨年9月、ESLと姉妹会社のDreamHackはスポンサーシップの評価とメディア測定のためにNielsenと提携している。この契約の一環として、ESLはAMAの数字の発表を開始し、Activision BlizzardやRiot Gamesと並んで、これをeスポーツ放送の標準的な視聴率指標にしようとしている。

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。