2020年09月30日

中国LoLプロリーグがリブランディング、6月5日にLPLサマースプリット開始

TJ Sportsは、中国で開催されているリーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、LoL)のトップ大会であるリーグ・オブ・レジェンド・プロリーグ(LPL)が、新しいロゴを採用してリブランディングを行ったと発表した。新しいロゴは、リーグの「アグレッシブなプレイスタイル」と「勇敢で大胆不敵」な性格を表現しているという。THE ESPORTS OBSERVERが1日伝えた

TJ Sportsは、リーグ・オブ・レジェンドの開発元ライアット・ゲームズとテンセント・ホールディングスの合弁会社だ。

TJ Sportsはまた、6月5日にLPLサマースプリットを開始すると発表した。サマースプリットの上位4チームは、今年10月に中国で開催される2020リーグ・オブ・レジェンド世界選手権にLPLを代表して出場することになる。

5月11日、上海浦東地区宣伝部のウェイ・ファン副部長は記者会見で、コロナウイルス (COVID-19)のパンデミックの影響でリーグ・オブ・レジェンド世界選手権が延期や中止になることはなく、上海浦東地区で開催されることに変わりはないと明言している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。