2020年09月20日

ダンスリズムゲームの「オーディオトリップ」がOculus Questで発売

昨年PC VRで発売された「オーディオトリップ(Audio Trip)」が8日、Oculus Questに登場した。また、Questでの発売を記念して新曲がリリースされた。UPLOAD VRが伝えた

ビートセイバー(Beat Saber)、スーパーナチュラル(Supernatura)l、オーシェイプ(OhShape)、ピストルウィップ(Pistol Whip)、オーディオシールド(Audioshield)、オーディカ(Audica)、ダンスセントラル(Dance Central)などOculus Questのダンスリズムゲームは多数あるが、Oculus Storeで8日に発売されたオーディオトリップは、Questで利用できるリズムゲームの最新作だ。

オーディオトリップは、同ジャンルの他のゲームよりもダンスや振り付けに注力しており、レディーガガ(Lady Gaga)、ゼッド(Zedd)、スクリレックス(Skrillex)、デッドマウス(deadmau5)などの大物アーティストの楽曲に合わせて踊ることができる。また、「ゴールデン・パイナップル(Golden Pineapple)」というQuestの発売を記念した新曲が収録されている。

オーディオトリップの早期アクセス版が昨年にPC VRで発売された。早期アクセスであることを理由にしても、すぐに親しみやすさや楽しさを感じることは難しく、世界環境とゲームプレイ自体が相反する部分があり、ヒット音がないのは明らかに改善すべき点だ。とはいえ、演奏に慣れてくるとかなり楽しいものになる。また、バーチャルのダンスインストラクターと一緒にプレイすると難易度を下げることができる。

オーディオトリップのPC VR版はまだ早期アクセス版だが、Quest版では、昨年10月以降に行われた変更点や改善点が盛り込まれている。良い例としては、プレイヤーがダンスをしたり、自分の動きを録音したりすることで、各トラックに独自のレベルを作成することができる新しいカスタムコレオグラフィーエディタが挙げられる。

Quest版のオーディオトリップは1990円で発売されている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。