2020年09月26日

PSVR対応を期待するPS5のゲーム5選

プレイステーション5のオンラインイベントでの発表は、多くのゲーマーには好評だったが、PSVRについてはあまり話題にされなかった。この段階で追加ハードウェアの話をすることは妥当でなかっただろうが、イベントを少し詳しく見てみると、少なくとも将来に向けての有望なヒントがいくつか見えてくる。例えばPS5は新しいHDカメラに対応している。しかし、最も興味をそそるのは、主にオリジナルのPSVRサポートを備えたタイトルの続編であるゲームだ。ここでは、PSVRに対応してほしいPS5ゲームを5本紹介する。

バイオハザード ヴィレッジ

バイオハザード7はPSVRゲームの中でも最高傑作の1つであり、シリーズのヘッドセットへの復帰が待ち望まれていた。バイオハザードヴィレッジ(ロゴデザインからも明らかなように、バイオハザード8である)は一人称視点に戻り、7の主人公イーサン・ウィンタースが登場する。

詳細は微々たるものだが、イーサンが雪に覆われた謎の村を目指して、非常に悪い子だったと思われるクリス・レッドフィールドを探しに旅立つことは分かっている。ゲームは7よりもオープンスペースが多く、戦闘に重点が置かれるという。来年の発売時には、そのすべてがVRで見られることを期待しよう。

グランツーリスモ7

もう一つのシリーズは、VRの分野では未完成のままだ。PS4で発売されたレーシングシミュレーター「グランツーリスモ・スポーツ」では、驚くほどの没入感を実現しながらも、PSVRへの対応は絶望的なまでにスリムになっていた。しかし、イベントでの「グランツーリスモ7」の発表は、PS5で完全なドライビングシミュレーターをVRで手に入れるという新たな希望をもたらした。

実際、2019年のインタビューの中で、ポリフォニー・デジタルの山内一典氏は、「グランツーリスモ」が新しいコンソールで実現できる最初の、そして最も明白なジャンプはVRであると述べている。「より多くのパワーによって最初に影響を受けるのはVRです。これほどの処理能力を必要とするものは他にはないと思います」と彼は先に述べている。 このコメントだけを見ると、「グランツーリスモ7」は最終的にPSVRに対応する可能性が高そうだ。

Deathloop


イベントで紹介されたゲームの中で、なぜDeathloopなのか?それは、「Dishonored」シリーズで最もよく知られている開発者のArkane氏が、2017年の「Prey」に追加されたVRモードに見られるように、PSVRプラットフォームを使った実験を行っているからだ。そのため、展示されている他の多くのゲームよりも、少なくとも少しはPSVR対応に適していると考えられる。
この一人称視点のシューティングゲームでは、プレイヤーは誰もがプレイヤーを殺そうとしている島に閉じ込められた囚人を演じる。死ぬたびに目が覚め、狩りをやり直す準備をする。テレキネシスやテレポーティングといった2つの機能がVRで信じられないほどうまく機能し、Arkane氏の特徴的な魔術のタッチと相乗効果をうむだろう。

Astro’s Playroom

Astro’s PlayroomはPS5用のパックインタイトルで、4つの世界を探索することができる(PS4とPSVRで、プレイルームとプレイルームVRが無料で提供されていたのと似ている)。

しかし、このVR版には期待できる。「レスキューミッション」のようにVRハードを完全に活用できなくても、この愛らしい世界に戻ることはPS5では必須だ。Astro’s Playroomでなくても、PSVRの完全続編が出ることは間違いないだろう。

グランド・セフト・オートV


最後はカーブボールで締めくくろう。そう、GTAVはPS5で第3世代のコンソールに向かっており、ビジュアルの改善と「グランド・セフト・オート・オンライン」の更なるアップデートが約束されている。しかし、確かにRockstarがここで実装できる最も重要なアップデートは、PSVRのフルサポートだろうか?

実現するかどうかは本当に疑問だが、最近のGTAVのMODへの関心の高さが、実現可能であることを証明している。ソニーがVRの新世代をキックスタートさせるには、これ以上の方法は考えられない。

元記事:UPLOAD VR

関連記事
プレステ5で発売の28タイトル公開、イベントのライブ視聴はYoutubeで200万回再生
・プレイステーション5がついに公開、デジタル専用版も

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。