2020年09月22日

プレイステーション5がついに公開、デジタル専用版も

プレイステーション5の外観がついに公開され、今年後半に発売される次世代機を彩る数々の新作ゲームが発表された。DOT ESPORTSが12日伝えた


PS5は、ソニーがこれまでに発売したどのゲーム機とも異なる外観をしている。また、本体と同時に発売されるデジタル専用のバリエーションも用意されている。

これにより、通常のPS5の価格が多くの人が望むよりも高くなったとしても、デジタル専用版は、プレイヤーに別の選択肢を提供することになる。また、PS5本体に搭載されている技術的な機能が少ない場合、少なくとも現在市場で販売されている他の類似製品と比較して、価格は若干低くなると思われる。

白と黒のデュアルトーンのデザインにブルーのハイライトを加えたなめらかなデザインは、ハイテクモデムや現代のゲーミングPCのようなマシン全体の外観で、これは悪くない。

ゲーム機本体の他にも、「プレイステーション」ヘッドセットの新バージョンと思われるものや、ゲーム機と直接連動するリモコン、カメラ「PlayStation Eye」の別バージョンなども展示された。いずれもコンソールとコントローラーに合わせた白黒のカラーセットを採用している。

ソニーはまだコンソールの価格や発売日を発表しておらず、明らかにされたゲームの多くも発表していない。しかし、2020年のホリデーシーズンに近づけば、次世代のプレイステーションゲームについての情報が増えていくことだろう。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。