2020年04月10日

ワールドポーカーツアー・カンボジア、WPTメインツアーをアジアで7年ぶりに開催

ポーカー

ワールドポーカーツアー(WPT)は、WPTカンボジアとともに、アジアで7年ぶりとなるWPTメインツアーイベントをプノンペンにあるカジノ「ナガワールド」で開催すると発表した。日程は7月21日〜25日。IAGが25日伝えた

バイインが3500ドル(約38万6000円)のメインイベントを含むWPTカンボジアフェスティバルは、2019年7月15日から28日にかけて26のイベントを開催。バイインは200ドル〜1万5000ドルまである。

WPTはまた、2020年11月11日〜24日にかけて、シーズンXIX WPT DeepStacksカンボジアフェスティバルを開催する。

WPT のアダム・プリスカCEOは次のようにコメントした。
「WPTは世界的に拡大を続けており、アジア太平洋地域の新境地を切り開いて、今年7月にWPTカンボジアで19シーズン目を迎えることを嬉しく思います。昨年11月のWPTカンボジアは突破口となり、ポーカー界に、壮大なナガワールドと記録破りのイベントに参加するために世界中から集まったプレイヤーのネットワークへの情熱を示していました」

WPTが最後にメインツアーイベントを開催したのは2013年の韓国だった。

WPTは、コロナウイルスの感染拡大のため、アジア太平洋地域で実施されるすべてのイベントを中止または5月頃まで延期すると発表している。

3月13日から22日に開催予定のWPTベトナムが中止になり、WPT台湾の開催期間が3月下旬から5月14日〜24日の日程に変更になった。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。