2020年07月10日

ワールドポーカーツアーがアジアのイベントを5月までイベント中止、コロナウイルス影響

ポーカー

ワールドポーカーツアー(WPT)は、コロナウイルスの感染が拡大しているため、今後3カ月間、アジア太平洋地域で実施されるすべてのイベントを中止または延期すると発表した。IAGが16日伝えた

3月13日から22日に開催予定のWPTベトナムが中止になり、WPT台湾の開催時期が3月下旬から5月中旬に変更される。 14日に開幕したWPTフィリピンは、ドゥテルテ大統領が、中国本土、マカオ、香港、台湾からフィリピンへの入国を禁止した後、メインイベントの賞金を2000万ペソから1200マンペソに削減している。

WPTライブイベントスペシャリストのダニー・マクドナウ氏は、フェイスブックで声明を発表し、次のように述べている。
「先週、現在の不確実な環境の中で開催予定のアジアでのイベントについて、特に3月13日から22日までのWPTベトナムと、3月27日から4月6日までのWPT台湾について、私たちは真剣に検討してきました。その結果、コロナウイルスの広がりと、イベントを安全に開催できる明確な状況がはっきりするまでは、WPTは今後3カ月間のアジアでのイベントを休止することが最善であるという結論に達しました。
したがって、WPTベトナムを中止し、初開催のWPT台湾を5月14日から24日の日程に延期します。これが、アジアパシフィックプレイヤーオブザイヤーにカウントされるシーズン18の最終イベントになります」

WPTが「アジアスウィング」と呼んだWPTの18シーズン目は、イベントのカレンダーを大幅に拡大したことで注目されていた。WPTフィリピンは、ベトナム、日本、韓国、オーストラリア、インド、カンボジアに続く9カ所中7番目の開催地だ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。