2020年10月01日

IR業者のメルコリゾーツ、コロナウイルスの予防措置に2億8000万円を寄付へ

casino

メルコリゾーツ&エンターテイメントは29日、新型コロナウイルスが大流行していることを受け、2000万香港ドル(約2億8000万円)を政府に寄付し、武漢と湖北への政府の取り組みを支援すると発表した。AGBが30日伝えた
寄付は、フェイスマスクや手指消毒剤などの医療用品の購入、また必要に応じて地域社会を支援するために使用されるという。

メルコの会長兼最高経営責任者であるローレンス・ホー氏は、次のように述べた。
「私たちは、武漢と湖北の人々、新型コロナウイルスに影響を受けているすべての人々のことを考えています。この寄付により、ウイルスの拡散を防ぐための予防措置が加速されることを願っています。メルコは、コミュニティで影響を受けている人々の健康と福祉に貢献する政府のイニシアチブを完全にサポートします」

メルコはまた、重要でないすべての出張は、追って通知が来るまで差し控え、公衆衛生上の懸念が通常に戻るまで、複数のイベントを延期すると発表した。

メルコは地元当局と緊密に連絡を取り合っており、採用される特定の予防措置に関する政府のガイドラインに従っていると述べた。また、ウイルスの拡散を防ぐために、監視を強化し、IR施設内で頻繁に消毒を行うなどの即時対策を講じていると述べた。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。