2020年09月20日

マカオのカジノ収益、コロナウイルス影響し2月は75%、通年では6%減少=JPモルガン予測

macau casino

マカオ政府が4日、コロナウイルスの感染拡大を懸念し、市内の全カジノ施設を2週間閉鎖するという決定を下したことを受け、JPモルガンは、マカオの2月のカジノ収益(GGR)は前年同月比で約75%減少し、2020年通年では6%減少する可能性があるとの予測を出した。IAGが5日伝えた

前例のない閉鎖のため、コロナウイルスによる完全な影響を予測することは困難としながらも、JPモルガンのDSキム氏、デレク・チョイ氏、ジェレミー・アン氏によると、カジノは「収益ビジネス」であり、このような極端な収益の減少を軽減するために、事業者ができることはあまりないと述べた。
2月のGGRは約75%低下し7億米ドル(当初の予測は28億米ドル)になり、これにより年間のGGRは約6%減少すると予想されます

「当社の分析では、GGRが2月に75%減少すると、マイナスの営業レバレッジを考慮すると、年間EBITDAが最大10%削減されることが示唆されています」

証券会社のバーンスタインのアナリストのVitaly Umansky氏、Eunice Lee氏、Kelsey Zhu氏はJPモルガンの予測を裏付けするように、次のように述べた。
「一時的なカジノの閉鎖の詳細がどうであれ、第1四半期は明らかにひどい結果を示すでしょう。閉鎖が2週間のみで、2月下旬と3月にソフトビジネスが再開すると仮定すると、第1四半期のGGRが前年同期比で50%減少する可能性があります。カジノが第1四半期の残りの期間も閉鎖されたままになると、GGRは前年比で70%以上の減少になるでしょう

しかし、バーンスタインは、ビジネスが完全に再開されると、マカオのカジノオペレーターは急速に回復すると述べた。
「この感染拡大がどれほど有毒で致命的であるかについては、さまざまな見解があります(これまでのところ、伝染はSARSよりもはるかに悪いが、死亡率は実質的に低い)。この段階では、 1)感染が抑制され、マカオへの旅行が再開されること、2)中国経済が大幅に低下せず、顧客の信頼が低下しないこと、を条件として、マカオは下半期に堅調な回復を見せると予測します。経済が悪化した場合、後者は政府の強力な刺激策により緩和される可能性が高いでしょう。」

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。