2020年05月25日

北九州市もIR誘致見送り「実現は極めて困難」、北海道・千葉に続き3例目

IR

カジノを含む統合型リゾート=IRの誘致をめぐり、北九州市が誘致を見送ることを明らかにした。北海道、千葉に続く3都市目の見送りとなる。

九州朝日放送によると、北九州市には、アメリカや香港など海外のIR事業者3社から、JR小倉駅北口を中心としてIR施設を開発する事業計画書が提出されていた。市は庁内調査チームを設置し、内容を精査したが、実現は極めて困難という結論に至った。

理由は、JR小倉駅北口での用地確保や関係者の理解を得るのに時間がかかること、規模が大きく安定的・継続的な運営に確証が持てないことなどという。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。