2020年07月03日

香港IECがフィリピン・マニラでカジノ開発を計画

香港に上場している賭博投資家のインターナショナル・エンターテインメント。コープ (IEC)は、フィリピンの子会社であるマリーナ・スクエア・プロパティーズが、マニラでの統合型リゾート開発のために賭博規制当局のPAGCORに暫定ライセンスを申請する意向であることを明らかにした。IAGが伝えた

水曜日のファイリングでIECは、「フィリピン・マニラ市にカジノを設立・運営し、統合型リゾートを開発することで、現在のホテルの敷地や施設、サービスを拡張・アップグレードする計画 」としている。

具体的な施設名は挙げられていないが、マリーナ・スクエア・プロパティーズの主要な資産は、ニューコーストホテルマニラ(旧ニューワールドマニラベイホテル)であり、同社はPAGCOR社にゲーミング業務のためのスペースを賃貸している。

IECのファイリングによると、マリーナ・スクエア・プロパティーズ社は今週、マニラ市に対し、このような開発に反対しない旨を記載した異議申立書と市議会決議を発行することの承認を求める書面を提出している。異議申立書と市議会決議は、PAGCOR社が仮ライセンスを発行するために必要なものだ。

同社の野心的な統合型リゾート計画のニュースは、IECが2018年11月に買収したウィガン・アスレチック・フットボールクラブの売却を完了したわずか2週間後にもたらされた。また、IECはPokerStarsブランドでアジアのほとんどの地域でライブポーカーイベントを運営する権利を所有している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。