2020年04月02日

米IRエルドラド・リゾーツ、カジノ3カ所を422億円で売却

カジノ・IR

米IR事業者のエルドラド・リゾーツはこのほど、ミズーリ州などにあるカジノ3カ所を計3億8500万ドル(約421億7000万円)で売却した。この動きはエルドラドの再編方針の一環だ。Gambling Newsが伝えた。

取引は今年6月に合意され、今月に入りに完了した。エルドラドは現在、同業シーザーズ・エンターテインメントの買収を進めており、買収が完了する前にカジノのポートフォリオを減らす目的がある。同業センチュリーカジノが営業資産を取得し、VICIプロパティーズとトリプルネットリース契約を締結した。

エルドラドが売却したのは、ウエストバージニア州ニューカンバーランドにある「マウンテニア・カジノ・レーストラック・リゾート」、ミズーリ州ケープジラードーにある「アイル・カジノ」、同州カルザーズビルにある「レディ・ラック・カジノ・カルザーズビル」の3件だ。

「マウンテニア・カジノ・レーストラック・リゾート」は、1994年に開業した。当初は競馬場のみだったが、現在はスロットマシン1486台、テーブルゲーム36カ所、ポーカー場1カ所を含むカジノ、357室のホテル、飲食店5軒を備えている。

「レディ・ラック・カジノ・カルザーズビル」の開業は1995年。スロットマシン507台、テーブルゲーム9カ所、4万平方フィート(3716平方メートル)のパビリオン、飲食店2軒、RVパークを備えたIRだ。

「アイル・カジノ」は、2012年に開業した。カジノスペースの広さは4万1000平方フィートあり、スロットマシン863台、テーブルゲーム20カ所を提供している。このほか、エンターテイメントセンターとイベントセンター、レストラン3軒、パビリオンがある。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。