2020年07月08日

PS4ゲーム「ドリームズユニバース」、PSVR対応はフル版ローンチに間に合わず

PSVR

音楽やキャラクターの制作・共有などで遊べるPS4用のゲーム「ドリームズユニバース(Dreams Universe)」のアーリーアクセス版が8日に配信を停止した。それに伴い、フルバージョンのローンチとPSVRへの対応が期待されていたが、フルバージョンのローンチ時にはPSVR対応しないことがわかった。Road to VRなど複数のメディアが伝えた。

ドリームズユニバース開発元のメディアモレキュール(Media Molecule)によると、フルバージョンのローンチは12月中にはなく、ローンチ時点でPSVRへの対応もしない。しかし、早期に対応できるよう計画しているという。

アーリーアクセス版は今年4月にリリースされた。プレーヤーは8日の配信停止後も引き続きプレーでき、フルバージョンへのアップグレード時には追加料金を支払う必要はない。フルバージョンへのアップグレードでは、ノンモーションコントロールスキームの追加、チュートリアルやハウツーコンテントの追加、コミュニティジャムなど既存の機能の改良、コンテンツの拡充などをするという。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。