2020年02月27日

Call of Dutyモバイル版が1億5000万ダウンロードを突破!モバイルが最大のプラットフォームに

コール オブ デューティ(Call of Duty)は、長年にわたってコンソールとPCで人気のゲームだ。Call of Duty Mobile(CODモバイル)は、AndroidとiOSで既に1億5000万件以上のダウンロードを記録している。VENTURE BEATが6日伝えた

このニュースは、Activision Blizzardの最新の収益レポートからのものだ。 2019年10月1日にリリースされたCODモバイルは、テンセントのTiMi Studiosがタイトルを開発している。 Activision Blizzardは、このゲームが期待を超えていると述べた。

Activision Blizzardは、モバイルがCall of Dutyの最大のプラットフォームになったと指摘している。これは、同社最大のシリーズをモバイルにもってくるという重要なイニシアチブの成功を表している。そのため、Diabloのようなシリーズもモバイル向けにリリースされており、Kingも、モバイル向けのActivision Blizzard IPベースのゲームに取り組んでいる。

CODモバイルは、150カ国のダウンロードチャートでトップに達した。米国では、iOSアプリストアとAndroidアプリストアの両方で、収益で上位15に入り、第4四半期を終了している。
CODモバイルは、マイクロトランザクションと絶え間ない更新を備えた無料のゲームであるため、今後何年もの間、Activision Blizzardの健全な収益源となる可能性がある。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。