2020年09月20日

アジア初!24時間オープンのeスポーツ専用コワーキングスペースがシンガポールに開所

イベントサービスのNEO.TMはこのほど、シンガポールのジャラン・べサールに、アジア初のeスポーツ専用のコワーキングスペース「The Gym」を正式に開所した。3階建ての建物は広さが7700平方フィート(約715平方メートル)あり、シンガポールのeスポーツ人材育成や、ローカルチームと国際チームのコラボレーションを促進する。The new papaerが17日伝えた。

The Gymは、24時間年中無休で営業している。1階には小売店と、最大150人を収容できるアリーナスタイルのイベントスペースがあり、キャスター用のブースを備えている。 2階と3階は、トレーニングスペース、オフィス、イベントスペースで構成されており、メンバーはレンタルしてビジネス、ライブストリームセッション、競技会を開催できる。

NEO.TMの創設者であるNeo Yong Aik氏は次のように述べている。
「昨年のSEAゲーム(東南アジア競技大会)でeスポーツがデビューしたことにより、eスポーツがこの地域のスポーツの世界でメインストリームになったことは疑いようがありません。アジアや世界の若者を引き付ける強力なプラットフォームはこれまでになく、eスポーツに対するより専門的なアプローチも必要です。また、個人やチームが練習や競争を行う場所を提供するだけでなく、eスポーツのキャリアを成功させるために適切な習慣を身に付けられる場所を提供する必要があります。それらすべてをThe Gymでお届けしたいと考えています」

The Gymは、米国拠点の生放送メディアで、イベント制作会社であるDe Tuneとパートナーシップを締結している。De Tuneは、グローバルフォートナイト (Fortnite)とPUBGグローバルチャンピオンシップを組織したり、Riot Gamesと協業したりしている。The Gymは、アジアのスポーツイベントや競技会においてDe Tuneと連携していく。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。