2020年10月01日

戦闘飛行ゲームVTOL VR、早期アクセス終了、8月11日まで割引価格

VR

SteamVR戦闘飛行ゲーム「VTOL VR」は、仕上げと最終的なバグ修正に焦点を当てた主要なパッチでちょうど3年の早期アクセスを終了した。UPLOAD VRが4日伝えた

 ほとんどのフライトシムはモニターでプレイするように作られていて、後からVR対応が追加されている。通常はフライトスティックを使ってプレイする。VTOLは、トラッキングコントローラを搭載したVRヘッドセット用に特別に作られた。

VTOLでは、フライトスティックは仮想の手を使って操作するコックピットの要素にすぎない。VTOLは正式にはシミュレーターではないが、戦闘機のコントロールや多くの実際のコックピットで使用されているマルチファンクションディスプレイ(MFD)の驚くほど詳細なシミュレーションを実行している。

手を伸ばしてMFDのベゼル上のボタンを押すと、GPSマップを表示したり、ターゲティングポッドを回転させたり、レーダーを管理したり、ミサイルや爆弾のような武器を発射したりすることができる。開発者のBoundless Dynamicsは、これらのタイプのシステムを「ニアリアリスティック」と表現している。VRネイティブのDCS「lite」と考えて欲しい。

VTOLで飛行可能な3機の航空機は、架空の近未来の乗り物だが、実際のシステムに基づいている。

F/A-26「Wasp」はF-15イーグルをベースにしているが、F/A-18ホーネットのマルチロールキャリア能力を備えている。AV-42C「Kestrel」は、垂直離陸(VTOL、ゲームの名前の由来)が可能で、複数の武器マウントを備えた大規模な貨物室を特徴とする回転ジェットノズルを備えた完全に架空のガンシッププラットフォームだ。F-45AはF-35をベースにした俊敏なステルス戦闘機だ。現実世界のF-35と同様に、F-45Aは物理的なMFDを4つの仮想MFDを備えた大型の単一タッチスクリーンに置き換えている。

3年経った今、プレイするコンテンツは盛りだくさんだ。空母に着陸したり、中空タンカーから給油したり、数々の戦闘ミッションに挑んでみよう。レベルエディタも用意されており、Steam Workshopでは執筆時点で386件のアップロードが行われている。

Windows 10 のビルドが音声認識をサポートしている場合は、ウィングマン、ATC、AWACS、地上乗務員に大声で話すこともできる。

PC VR用のOculus QuestやRiftを使用している場合は、こちらのネイティブOculusモードは使用しないようにしよう。「Not Recommended」と表示されていて、奇妙なトラッキングジッターの問題がある。ゲームはSteamVRモードでは素晴らしいパフォーマンスを発揮している。

VTOL VRはSteamで「圧倒的にポジティブ」なレビューを受けている。通常価格は2980円だが、8月11日まで2384円で販売されている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。