2020年10月01日

eスポーツ組織T1、複数年契約でツイッチのストリーミング提携を拡大

韓国のeスポーツ組織T1 エンターテイメント&スポーツは、ライブストリーミングプラットフォームのツイッチとのパートナーシップを拡大した。新たな複数年契約の条件の下で、パートナーシップはリーグ・オブ・レジェンドのチームに焦点を当てるだけでなく、他のT1選手やコンテンツ制作者にも拡大されることになる。THE ESPORTS OBSERVERが5日伝えた

契約の金銭的な条件は明らかにされていない。

新たに拡大されたツイッチとのパートナーシップは、7月下旬のハナ銀行との契約に続くもので、ハナ銀行はNike、BMW、Samsung Odysseyなどと並んでリーグ・オブ・レジェンドの「プレミア・パートナー」となっている。

韓国のソウルに本社を置くT1(旧称:SKテレコムT1)は、3度のリーグ・オブ・レジェンド世界チャンピオンに輝いている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。