2020年09月20日

韓国カジノGKL、1Q純利益は68%増の147億ウォン

韓国観光公社傘下で、「セブンラック」ブランドのカジノをソウルで2カ所、釜山で1カ所運営するグランド・コリア・レジャー(GKL)は、第1四半期(2020年1月〜3月)の純利益が前年同期比68.3%増の147億2000万ウォン(12億9000万円)、売上高は2.1%増の1115億ウォンだったと発表した。コロナウイルス(COVID-19)の影響で3月下は8日間営業を停止していたにもかかわらず、業績は改善した。AGBなど複数のメディアが伝えた。

営業利益は同58.2%増の269億ウォンだった。GKLはコロナウイルスの影響で3月24日にカジノを閉鎖し、5月6日に再開している。

業績は改善しているが、昨年はGKLが2012年以来最低の第1四半期営業利益を記録した年だった。そのことを考慮し、2019年第4四半期と比較すると、GKLの2020年第1四半期の売上高は1308億5000万ウォンから14.8%減、純利益は183億1000万ウォンから19.6%減となっている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。