2020年09月25日

HP & Valveの新WMRヘッドセットの情報リーク、4つのトラッキングカメラと新コントローラー

マイクロソフトに関する情報提供者のWalkingCatは24日、HP & Valveの近日発売予定の新しいWMRヘッドセットとマイクロソフトの新しいVRコントローラーの画像と思われるものをツイートした。UPLOAD VRが伝えた

WalkingCatは、過去に同社の製品やサービスの一部をリークしてきた過去があり、それらの情報は正確だった。


「Half-Life:Alyx」のリリース直後の3月下旬、HPはValveとMicrosoftとの共同開発によるSteamVR用の 次世代”ヘッドセット「Reverb G2」を発表した。当時は暗めの正面画像以外にはほとんど詳細が明らかにされておらず、それ以降も公式には詳細は語られてきていなかった。

その画像を明るくすると、Valve Indexのニアオフイヤースピーカーのようなものが映っている。WalkingCatの画像にも同じようなものが写っているようだ。しかし、その公式画像は前面のみを示していたため、ヘッドセットの側面と下面は見えていなかった。

WalkingCatの写真では、ヘッドセットにはサイドカメラと、Valve Indexのレンズ分離アジャスターとほぼ同じように見えるノブがある。

実際、ヘッドセットの前面と背面にあるパッドもIndexのものに似ている。Valve はこのヘッドセットのパートナーであり、これらの高品質なパーツを再利用するのは良いアイデアのように思える。

明らかに次世代 Windows MR コントローラは、タッチパッドを捨てて人間工学に基づいたデザインに変更されており、フェイスブックのOculus Touchコントローラに非常に似ているように見える。

WMR固有の入力アプローチを必要とする代わりに、既存のOculusコントロールスキームを使用することができるので、この動きは開発者に役立つように思われる。

このリークが本当で、HPがヘッドセットを競争力のある価格で販売すると仮定すると、このヘッドセットはまさにPC VR市場が必要としているものになる可能性がある。

フェイスブックはRift Sを4万9800円で提供しているが、その構築品質は低く、レンズ分離調整を欠いており、内蔵オーディオは低品質だ。ValveのIndexは、より広い視野、より高いリフレッシュレート、完全なレンズ調整、プレミアムオーディオ、手を離して使えるコントローラを提供しているが、12万5800円では価格的に魅力がない。

既存のReverbやSamsung Odyssey+のようなWindows MRヘッドセットは、4月のSteamVRで使われているプラットフォームのうちわずか8.5%を占めるのみで、多くの市場にアピールできていない。中心的な批判は、2つのトラッキングカメラのみを使用していることで、ゲームで可能なコントローラの動きの範囲を制限していることだ。

このリークで示されているヘッドセットは、多くのPC VRゲーマーが待ち望んでいた中間地点 のヘッドセットである可能性がある。Rift Sの妥協を回避しつつ、SteamVRトラッキングを使用しないことで手頃な価格を維持するものかもしれない。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。