2021年04月16日

PUBGモバイル日本リーグ2021のチーム決定、賞金総額は3億円

2021年に開催されるPUBGモバイル・eスポーツトーナメントの中で最大規模のものの一つが、フランチャイズの日本リーグ(PMJL)だ。賞金総額は3億円。リーグに参加する16チームが明らかになった

PMJLはNTTドコモが主催し、シーズン1は2月〜4月まで、シーズン2は7月〜9月まで開催される。PMJLには16チームが参加し、各チームは最大7人のプレイヤーで構成され、うち2人まで外国籍のプレイヤーを選択可能。チームオーナーから選手人に支給される1年間の報酬は最低350万円となっている。

参加する16チームは以下の通り。

チームオーナー:チーム名
BLUE BEES株式会社:BLUE BEES
株式会社Cosmo World:Lag Gaming
株式会社CS entertainment:未定
株式会社CYLOOK;REJECT
株式会社Donuts:Donuts USG
株式会社GamingD:DeToNator
GANYMEDE株式会社:JUPITER
合同会社SST-GAMES:SunSister
株式会社Sun-Gence:AQUOS DetonatioN Violet
株式会社XENOZ:SCARZ
株式会社アカツキ:Team UNITE
アックスエンターテインメント株式会社:AXIZ
株式会社戦国:Sengoku Gaming
株式会社バーニングコア:Burning Core
ブロードメディアeスポーツ株式会社:CYCLOPS athlete gaming
ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社:未定

参加チームやオーナーは変更になる可能性があり、PMJLの詳細は後日発表される。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。