2021年01月28日

PC版『デス・ストランディング』、『サイバーパンク2077』との提携コンテンツ登場

小島秀夫氏率いるコジマプロダクションは、『デス・ストランディング』のPC版最新パッチをダウンロードすると、『サイバーパンク2077』と提携したコンテンツが配信されることを発表した。

games radar+によると、『サイバーパンク2077』と『デス・ストランディング』のクロスオーバーイベントでは、『デス・ストランディング』の主人公サム・ポーター・ブリッジスの旅に、サイバーパンクの要素が追加され、多数の新アイテムやゲーム内装飾が登場。コジマプロダクションが新コンテンツのトレイラーを公開している。そこではサムがサイバーパンクをテーマにしたバイクに乗り、鏡の中の自分を確認しながら顔にサイバーウェアを装着する様子が描かれている。

IGNによると、今回のパッチではCD Projekt RedのRPGに登場するお馴染みの顔や伝承をフィーチャーした新たなミッションが追加されている。また、サムが着用して使用できるジョニー・シルバーハンドのバイオニックアームや、キアヌ・リーブのキャラクターがゲーム内で使用するシェードなど、新たな装備品のアンロックも可能となっている。

また、トラウマ・チーム社の浮遊車両 もゲーム内に登場し、新たに追加されたデス・ストランディングのホログラムと共に、サムは敵を気絶させたり、敵車両を連れ出したり、センサーポールを無効化したりすることができる新たなハッキング能力を使用可能になる。新しいミッションがどのようなものになるのかはまだ分かっていないが、ゲームに飛び込んでみると分かるだろう。

このコラボレーションは多くの人にとって驚きではないだろう。特に、ナイトシティでの冒険中に出会えるカメオ出演を考えればなおさらだ。デス・ストランディングは今年の初めにPCで発売され、PS4での発売からしばらく経ってから、ピカピカの新フォトモードが追加された。これらのサイバーパンク2077の追加要素はPC版専用のもののようで、PS4への導入の有無についてはまだ明らかになっていない。

今回のアップデートパッチ配信にあわせて、『デス・ストランディング』が半額で購入可能になっている。期間はSteamでは2020年12月23日まで、Epic Gamesストアが来年1月7日までとなっている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。