2020年04月02日

Precision OS、VR手術トレーニング用のマルチプレイヤー機能を発表

VR

バンクーバー拠点のスタートアップのPrecision OSは、VR手術トレーニングプラットフォームに新しいマルチプレイヤー機能を導入した。これにより、物理的な距離に関わらず、外科医と看護師が同じ手術室で一緒に手術トレーニングできるようになった。VRSCOUTが伝えた

この機能では、一度に最大5人のアバターを使用することができ、コラボレーション機能では、複数のユーザーが単一のバーチャル手術室に集うことが可能だ。

Precision OSの最高経営責任者で整形外科医のダニー・ゲール博士は次のように話した。
「マルチプレイヤーにより、複数のユーザーが同じバーチャル手術室に同時にアクセスできるようになりました。各ユーザーは、手術を行っている間、同僚と一緒にアバターを受け取ることができます」

質の高い手術教育へのアクセスが不足していることは、医療機器企業にも影響を与えている。技術や治療が急速に進歩している時代には、トレーニングはしばしば速度を制限する要因となっている。現在のトレーニングアプローチは効果にばらつきがあり、コスト、そして最も重要なのは手術の習熟度に対処するのに役立っていないことだ。脳への認知的負荷を軽減することで、没入型技術を用いたトレーニングは、より優れた効率的なトレーニングを可能にするということは、確立された事実だ。

外科研修医の実地経験は十分ではなく、それが彼らの自信と自主性に影響を与えている。かなりの割合が、レジデンシー(インターンシップの次の研修課程)修了時に中核的な治療を自主的に行う準備ができていないと感じており、90%以上がフェローシップ(専門医研修)の追加年度を選択している。この問題に対処するために、米国外科学会(ABS)は「症例数を増やすのではなく、臨床と手技の両方を教える質を高めるべきである 」と勧告している。没入型技術が決定的なゲームチェンジャーとなっている。

Precision OSはAO財団の支援を受けており、現在、市場で唯一科学的に検証され、専門家の査読を経て発表されている没入型バーチャルリアリティ製品だ。Precision OSは、整形外科医とゲーム開発者からなるチームによって設立され、最も関連性が高く、応用可能な医療レベルのシミュレーション体験を提供している。

新たに強化されたコラボレーション機能は、タブレットを介した講義やビデオのようなシングルループ学習方法とは異なり、インタラクティブで、建設的な学習サイクルの中で失敗を許容しながら、リアルなシミュレーションをより深く掘り下げていくことをユーザーに促すものだ。

ゲール博士は「テクノロジーのおかげで、誰もが出張することなく、トレーニングのために学際的なチームを組み立てることができるようになりました」と述べている。マルチプレイヤーを使用することで、外科医が他の外科医、研修生、手術室の主要担当者とリモートでコラボレーションすることを想定しているという。このプラットフォームはOculus Questヘッドセットで動作するため、理論的には世界中どこでも使用できるポータブルで費用対効果の高いオプションとなっている。

コロナウイルスのパンデミックによって課せられた「新しい通常」が長期的に定着していく中で、特にリモートワークや社会的距離感のある時代に、医療従事者に不可欠なトレーニングを行うとなると、これらのXRコラボレーションツールの探索と実装を継続していくことが重要だ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。