2020年04月02日

オーストラリアのカジノ事業者スター、従業員の90%を一時解雇へ

オーストラリアのカジノ事業者スター・エンターテインメントは、コロナウイルス(COVID-19)の拡散を最小限に留めるため政府からカジノ施設を閉鎖するよう命令を受け、従業員の90%以上に当たる8100人の一時解雇を計画していることがわかった。CalvinAyreが25日伝えた

政府が23日の正午までにすべてのバー、レストラン、クラブ、カジノを閉鎖するよう命じている。この閉鎖は「少なくとも6カ月間」続く見通しだ。この政府の決定に対する人的コストについてスター社は投資家に伝えたという。

スターは、シドニーにある同名の旗艦カジノとブリスベンとゴールドコーストにある2つのゲーミング施設を含む同社の運営に、今回の閉鎖が「重大な影響」を与えるだろうと述べている。同社の経営陣は、「影響を最小限に抑え、流動性を維持するための緩和戦略の実施 」に注力しており、その中には「運営コストの大幅な削減と資本支出の削減」も含まれていると話した。

したがって、スターは「約9000人の従業員の90%以上を一時解雇するという非常に困難だが必要な決定」を下したと述べた。同社によると、影響を受けたスタッフには2週間の有給パンデミック休暇が与えられ、スタッフは未払いの年次および長期休暇の権利を利用することができる。

今回の解雇は、一般社員だけではなく、非公表の上級管理職も含まれている。スターの取締役会と上級管理職はまた、「権利を持つ取締役の報酬と給与のかなりの割合をそれぞれ放棄する」ことになる。これらの削減の詳細はまだ確定しておらず、近日中に発表される予定だ。

会長のジョン・オニール氏は、「独自の環境にあり、手に負えない状況にある」と述べている。同社は、事業を守るために必要な措置と、今回の解雇による相当な人的影響とのバランスを取るのに苦労しているという。

スターのホテルは定員を減らしながらも営業を続けているが、同社は現在の危機が財務パフォーマンスに与える影響について「確実にアドバイスすることはできない」と述べている。

スターの競合であるクラウン・リゾーツは、メルボルンとパースのホテルのカジノフロアとその他の施設を閉鎖し、英国に拠点を置く小規模なクラウン・アスピナルズのVIPカジノ事業も閉鎖したと23日に発表してから、まだ何の更新情報も発表していない。スターと同様に、クラウンもホテルの定員を減らして営業を続けている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。