2020年07月08日

ポケモンGOがARオクルージョンジョン対応に、複数のアンドロイド端末で

Nianticはきょう、ポケモンGOでARを使用しながら「リアリティブレンド」機能を導入するベータテストに、一部のAndroid端末が参加できるようになると発表した。ベータは6月に開始される予定で、基本的にはポケモンGOのためのオクルージョンの一形態で、ゲームのスプライトをブロックしたり、現実世界のオブジェクトの後ろに隠れたりすることができるようになる。UPLOAD VRが26日伝えた

リアリティブレンディングのベータ版は、Samsung Galaxy S9、Samsung Galaxy S10、Google Pixel 3またはPixel 4を持っている一部のプレイヤーを対象に、6月から利用可能となる。Nianticによると、この機能は最初はこれらのデバイスで限られた数のプレイヤーのみが利用可能で、近い将来にはより多くのデバイスへのサポートが追加されるという。オクルージョンの動作を下の GIF で確認できる。

Nianticによると、リアリティブレンド機能により、ポケモンは現実の物体の後ろに隠れたり、ポケモンが物理的な世界に現れるのと同じように、木やテーブルに進路を遮られたりすることができるようになる、という。

ポケモンGoのオクルージョンは、ファンがしばらくの間求めていたものだ。それは、そのゲームをより没入感のある大きなものにするために際立つものであるべきだ。実際に、Niantic自身は2年前に最初に機能を試していた。

しかし、これはゲームに対する唯一の更新ではない。ユーザーはすぐにポケストップ スキャンと呼ばれるオプトイン機能に参加することができるようになる。それは、IngressなどNiantic の他のタイトルからポータル スキャン機能が ポケモン GOにもたらされる。これにより、レベル40のトレーナーは、ポケストップやジムの3Dマップを携帯電話で撮影してアップロードすることができるようになる。

この新機能は、ゲーム内の注目ポイントのダイナミックな3Dマップを生成するだけでなく、将来的にはNiantic社が「バーチャルオブジェクトを現実世界の場所に結びつけ、ポケモンに自分たちの周囲の空間と文脈を認識させる」ことができるように改善することも可能になる。例えば、この認識は、スノラックスが昼寝するのに最適な草むらを見つけたり、クレフェアリーが隠れるための木を与えたりするのに役立つという。

これらのポケモンGOの新機能はすべて、6月から一部のプレイヤーに限定して提供される。

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。