2020年05月25日

サムスンオデッセイの新バージョン? 特許から新しいVRヘッドセットのデザインが明らかに

SHOWSTAGEライブ

中国の国家知識産権局がサムスンに付与した特許により、4台のトラッキングカメラを備えたサムスンオデッセイ(Samsung Odyssey)の新バージョンと思われるVRヘッドセットのデザインが明らかになった。UPLOAD VRが26日伝えた

OdysseyはサムスンのPC VRヘッドセットのブランドだ。オリジナルのOdysseyは2017年後半に発売され、後継のOdyssey +は2018年に発売された。既存のヘッドセットは両方ともOculus QuestやHTC Vive Proと同じOLEDディスプレイを使用し、レンズ分離調整と内蔵ヘッドフォンを備えている。
Odysseyヘッドセットは、MicrosoftのWindows Mixed Reality(WMR)PC VRプラットフォームと追跡システムを搭載している。WMRはSteamVRもサポートしているため、ほとんどのVRゲームをSteamでプレイできる。

この意匠特許には、設計図のスケッチとサムスンの2つのフルカラーレンダリング(完成予想図)が含まれている。画像を見ると、正面の両側に2つの球根状の半透明の半球体が備わっている。 1つのレンダリングでは青で、もう1つのレンダリングでは赤だ。

出所:UPLOAD VR

画像では、WMRヘッドセットの標準位置にある2台のカメラのスペースと、側面にある2台の新しいカメラが確認できる。これらの追加のカメラは、ユーザーがコントローラーを横に伸ばしたときに、フェイスブックのOculus Rift Sのように、コントローラーを追跡できるようになっているはずだ。カメラは半透明の色のマテリアルの背後にあるように見えるが、一方向のみ、または特定の波長の光のみを透過するマテリアルを持つことは可能だ。

従来のハローストラップは、前面に小さなハローと従来のOculus Riftのようなヘッドバンドを備えたハイブリッドデザインに置き換えられている。これは、快適さに対する興味深いアプローチだ。

出所:UPLOAD VR

これがスタンドアロンのヘッドセット(Oculus Questの競合製品)であるという兆候は見えない。このデザインは、PCベースのオデッセイのように、調整ダイヤルと音量ボタンを備えているように見えるが、電源用の追加ボタンや、モバイルデバイスに期待するような種類の電源LEDはない。一体型ヘッドフォンは、耐久性の理由からスタンドアロンのヘッドセットとしては珍しい選択であり、イヤホン用の3.5mmポートも見当たらない。

特許は1年以上前の2019年1月3日に出願されている。これは、製品の開発サイクルが比較的長いことを意味しうる。しかし、それはまた、デザインが製品に決して落とし込まれなかったか、またはサムスンが出荷する前に製品を撤回したことを意味する可能性もある。
企業はしばしば、市場に出ることのないデザインの特許を取得する。しかし、この特定のケースでは、サムスンはOdysseyを1年後に更新した急速なリリースサイクルを持つ経験豊富なハードウェア企業であり、Odyssey +からは現在1年以上経過している。これが製品である場合、フェイスブックのOculus Rift Sと競合する可能性がある。Oculus Rift Sは、WMRよりも多くの追跡カメラを備えていることを売りにしているヘッドセットだ。

サムスンの今後の発表に注目したい。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。