2020年09月29日

Minecraft、9月下旬にプレイステーションVRに無料アップグレードで登場

PSVR

Minecraftが9月下旬にプレイステーションVRで利用できるようになる。マインクラフト開発会社のMojangによると、このアップグレードは今月後半に、すべてのプレイヤーのための無料ダウンロードパッチとして提供される。THE VERGEが7日伝えた

「プレイステーション4で『Minecraft』を持っている人は全員、自動的にそのパッチを入手することになります。そのパッチをダウンロードすると、新しい Minecraft VR 機能にアクセスできるようになります。もちろん、使用するにはPS VRのセットアップが必要です。」

また、Mojangは以下のようにPS VRでMinecraftをプレイしていると思われるスクリーンショットを公開している。

同社によると、PS VR版『Minecraft』は「毎日、毎週、毎月、毎年…プレイステーション4でプレイできる100%同じMinecraftゲームで、何も削除されていない」という。

複数箇所の微調整があるが、それらは主にインターフェイスとVR用のセットアップ部分だ。プレイヤーは、PS VRヘッドセットを使って周囲を見渡しながら、PS4のコントローラーを使って移動したり、行動したりすることができるようになる。Mojangによると、このゲームには「Immersive」と「Living Room」の2つのモードがあるが、これらのモードがどのようなものになるのかについては詳細は明らかにしていない。

Minecraftは、10年以上前のゲームであるにもかかわらず、成功し続けている。今年の初め、2014年にMojangを買収したマイクロソフトは、ゲームの売上は、パンデミックの発生と共に上昇し、さまざまなプラットフォームで2億を突破したと述べた。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。