2020年09月28日

韓国カジノ・パラダイス、8月の売上は横ばいも前年比75%減

韓国で「パラダイス・ウォーカーヒル」「済州グランド」「釜山カジノ」「パラダイス・シティ」の4つの外国人専用のカジノを運営しているのパラダイスは、8月のカジノ売上高が前月比横ばいの173億3000万ウォン()だったと発表した。前年同月と比べると75%減となった。Inside Asiaa Gamingが7日伝えた

テーブルゲームの売上高は前月とほぼ同じ154億1000万ウォン、スロットは3.3%減の19億ウォンとなったが、ビジネスの大半をインバウンド観光に依存しているパラダイスにとっては、この数字は一時的な新常態を表しているようだ。

同社の旗艦統合型リゾート(IR)である仁川のパラダイス・シティは、9月1日にスタッフの1人がコロナウイルスの陽性反応を示したため、2度目の閉鎖を行った。

パラダイスは、コロナウイルスの流行による3月のカジノ施設の閉鎖とそれに続く旅行規制の継続により、2020年の最初の8カ月間の収益は51.4%減の2404億4000万ウォンとなっている。

パラダイスはコロナウイルスの影響で3月23日にパラダイス・シティ、パラダイス・ウォーカーヒル、釜山カジノ、済州グランドを閉鎖し、その後4月13日に済州グランド、4月20日に残りの3施設を再開した。ソウル近郊の仁川に位置するパラダイス・シティは、日本のセガサミーホールディングスとの合弁事業だ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。