2020年09月29日

カジノ事業者MGM中国、株価がピーク時から64%下落、コロナウイルス影響

casino

香港証券取引所のMGM中国の株式は、2018年1月にピークを迎え24.3香港ドル(約328円)だったが、今月12日には 8.75香港ドルへと約64%下落にした。10香港ドルを下回るのは2016年7月以来初めてで、これにはマカオとそのゲーム業界全体を揺さぶっている新型コロナウイルス(Covid-19)の危機が大きく関係している。AGBが13日伝えた

しかし、MGM中国は、自社の問題にもかかわらず、今月初めに「MGM SME Anti-Epidemic Support」プログラムおよび小規模な現地パートナーを支援するための措置を開始した。

MGM中国のCEO、グラント・ボウイ氏は次のように説明した。
「MGMは地元の中小企業ベンダーが苦難からの迅速に抜け出せるよう救済措置を提供すべく全力を尽くします。画期的な金融支援プログラムを展開して、ビジネスを維持するのに役立ててもらいたいです。 彼らの経済的負担を軽減し、嵐を乗り切るのを助けることができることを心から願っています」

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。