2020年10月01日

マカオのホテル、4月の客室占有率は13%に

マカオの統計と国勢調査を担う統計暨普查局(DSEC)は、マカオのホテル業界の悲惨な状況を確認し、コロナウイルス(COVID-19)の影響で4月の平均客室占有率はわずか12.9%にまで低下したと指摘した。AsiaGaingBriefが29日伝えた

4月に営業していたホテルとゲストハウスは合計110軒だ。

5つ星ホテルの占有率はわずか6.6%だった。低価格のホテルも深刻な落ち込みに見舞われたが、高級ホテルほどではなかった。

4月にマカオのホテルとゲストハウスにチェックインした顧客の総数は10万7000人で、前年同月比90.6%の減少だった。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。