2020年09月26日

【速報】マカオのカジノ王、スタンレー・ホー死去、98歳で

中国中央テレビ(CCTV)の報道によると、2002年にギャンブル市場での競争が解禁になるまでの40年間、マカオのカジノ業界を席巻したスタンレー・ホー氏が5月26日(火)、98歳で亡くなった。ホー氏は25日に危篤状態にあると報じられていた。AsianGamingBriefが26日伝えた。ホー氏はギャンブル王として知られていたが、彼自身はギャンブルをしないと公言していた。彼の会社であるSociedade de Turismo e Diversões de Macauは、マカオの38カ所のカジノのうち20カ所のカジノを管理しているほか、マカオ・ジョッキー・クラブ、ギャンブル船のフェリーや水上飛行機を運営するShun Tak Holdings、マカオ国際空港の株式など、生活の隅々にまで彼の手を伸ばし事業を展開していた。

フォーブス誌によると、彼は約31億ドル(約3343億円)の個人資産を築いたが、その華やかな人生には苦難がなかったわけではない。

ホー氏は1921年に香港で強大なホー・タン一族のもとに生まれた。彼は13人の子供の9番目で、初期の頃は富と特権に恵まれた生活を送っていた。しかし、世界恐慌で父親が破産し、家族は貧困に陥り、兄弟のうち2人は自殺した。

2004年にCNNとの貴重なインタビューの中で、ホー氏は、この経験が彼が自分の足で自立し、平凡な学校の成績を向上させるために必要なキック・スタートだったと述べている。

「私が8歳の時、父はプレジャーボートを持っていて、何台かのモーターカーもあったし、スタンレーには別荘を持っていました。楽しんでいたので、絶対に甘えていました。そこから想像すると、私たちはボロボロになってしまいました。 自分の家族でさえも、道で会うと顔を背けてしまいます。本当に、謙虚さから学ばなければなりません。母が毎日泣きながら質屋に通っているのを見て、何があっても償ってやると約束しました。それで、戦時中に香港からマカオに連れてきて、その後はここで幸せに暮らしていました。」

ホー氏は奨学金を得て香港大学に進学したが、悩みは尽きなかった。日本軍の侵攻を受けた1942年、彼は学業を放棄せざるを得なくなり、マカオに逃れた。そこで彼は自分の足元と起業家としての才能を見つけ、運命の大逆転を果たしたのだ。

「私はマカオを第二の故郷とし、彼らは私をとても良く扱ってくれました。ポケットに10ドルを入れて、1年で億万長者になりました。」

報道によると、富は戦時中に中国に高級品を売り込んだことから生まれたと言う。また、1943年には灯油会社を設立し、戦後は香港の建設ブームの恩恵を受けた。

その利益を利用して1962年にマカオのギャンブル独占権を獲得し、40年間にわたり世界最高額のカジノを運営してきた。表面上は緊張感が漂っていたが、90年代半ばには、ついに沸騰点に達し、トライアドがこの儲かる業界の一角を奪い合うために公然と街頭で争うようになった。

1999年にポルトガルの支配が終了したとき、次期政権は業界の再編が必要であると判断した。2002年にはホー氏の独占を解消し、3つの新しいライセンスを与えたが、その後、一連のサブコンセッションによって6つのライセンスへと変化していった。

堅実な業界から、マカオのゲーム事業は2006年にラスベガスを抜いて世界最大のギャンブルハブとなり、2013年にはピーク時には3607億マカオパタカに達した。

ホー氏は、ラスベガス・サンズのユニットであるサンズチャイナがトップに立つなど、市場での支配的地位を着実に失いつつあるが、競争が増えることを歓迎していると述べている。アナリストによると、少なくとも2019年まで延期されているコタイの新IR「リスボアパレス」のオープンまでは、この衰退は続く可能性が高いという。SJMの現在の物件のほとんどは、ペニンシュラマカオに位置する小規模なもので、ストリップにある豪華な新リゾートと比較すると、時代遅れのように見える。

しかし、STDMの上場持ち株会社であるSJMホールディングスが牽引力を失っているように見えるとすれば、ホー家自体がマカオでの影響力が低下していると考えるのは間違いだろう。ホー氏の私生活も多彩で、4人の妻と17人の子供がいる。

彼の4番目の妻であるAngela Leong On Kei氏はSJMの常務取締役兼筆頭株主であり、息子のローレンス・ホー氏はマカオの6つのコンセッショネーターの1つであるメルコリゾーツ& エンターテインメントを率いている。同社はマカオでシティオブドリームス、モカクラブ、スタジオシティ、フィリピンでシティオブドリームスマニラを運営している。日本でのライセンス取得も視野に入れている。

彼の娘のパンジー・ホー氏はMGM中国の共同会長であり、22.5%の株式を保有する最大の単独株主である。米国の規制当局の間で警鐘を鳴らしたのはこの関係であり、ホー氏のカジノが長い間アジアの組織犯罪ギャングと癒着していたという憶測が公然と飛び交っている。

カジノ・コントロール委員会のためのニュージャージー州の賭博執行部による2009年の特別報告書では、ホー氏は規制下で適切に行動していないと判断された。また、パンジーは彼女の父親との緊密な関係のために、特に資金源において不適当だと判断された。しかし興味深いことに、ネバダ州の規制当局は、長老ホー氏のつながりを懸念していたにもかかわらず、パンジー氏について同じ結論を出さなかった。

仕事をしていない時は、ホー氏は熱心なスポーツ愛好家で、テニスプレーヤーやダンサーとしても活躍していた。慈善募金のためのダンスショーに定期的に出演し、香港とマカオでのダンス公演のスポンサーを多数務めてきた。また、地元の病院や社会的慈善団体の理事も務めていた。

2009年には自宅で転倒し、脳の手術を必要とし、車椅子での生活を余儀なくされていた。彼の死はマカオのゲームの歴史に幕を下ろした。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。