2020年09月20日

HTCがVRヘッドセット「Vive Cosmos」の新機種3つを発表

VR

HTCは昨年10月にVive Cosmosをリリースした際、元のHTC Viveデザインに重要な改善を加えた。フリップアップバイザー、まったく新しいRGB LCDパネル、幅広いトラッキングFOV、交換可能なフェースプレートを介してデバイスに新しい機能を追加できる革新的なデザインなどがそうだ。

HTCは20日、Cosmosファミリーに加わる3つの新しいヘッドセットとフェースプレートを発表した。これらはそれぞれ、家庭、教室、オフィスなど、消費者と企業の両方のニーズを満たすように設計されている。これらの新しいヘッドセットに加えて、Vive Cosmosの機能を拡張する3つの新しいモジュール式フェースプレートが付属している。

1、VIVE Cosmos Elite  究極のPC VR体験

Vive Cosmos Eliteは、PC VRユーザーに最高品質の没入体験を提供することを目的としている。ベースステーション1.0の外部トラッキングを使用して、ユーザーは仮想世界とピンポイントの精度で相互作用しながら、最大160平方フィート(約15平方メートル)のスペースを移動できる。Vive Cosmos Eliteは、Vive Trackerを含むViveの周辺機器のエコシステムもサポートしている。これが、VRをコントロールする際の入力の自由度を高めている。またViveのワイヤレスアダプターが、より快適な動きを可能にするVR体験を提供している。

Vive Cosmos Eliteには、事前にインストールされた外部トラッキングフェイスプレート、2つのSteamVRベースステーション、2つのViveコントローラーが含まれている。外部トラッキングフェイスプレートは、ベースステーションバージョン1.0または2.0、オリジナルのViveまたはVive Proコントローラーで使用でき、Vive Cosmosに同梱されている元のインサイドアウトトラッキングフェイスプレートと簡単に交換可能だ。

Vive Cosmos Eliteは、Pistol Whip、Superhot、Audicaなどの精密なゲームタイトルと、BattlewakeなどのマルチプレイヤーVRタイトル用に構築されている。Vive Cosmos Eliteバンドルは10万9990円で販売予定だ。

2、VIVE Cosmos XR –CosmosのMR(複合現実)


スタンドアロンパッケージまたは交換可能なフェースプレートとして利用可能なCosmos XRは、既存のVive Cosmosヘッドセットに高品質のXRパススルーカメラを追加する。 Q2でデベロッパーキットとしてデビューしたVive Cosmos XRは、VRディスプレイの大部分(最大100度FOV)を使用するほぼ完全なパススルービューを可能にする。

Vive Cosmos XRは、HTCのVRコラボレーションツールであるVive Syncを使用して、仮想オブジェクトを実世界の環境に、またはその逆に持ち込むことができるため、リモートで作業するチームにとって優れたツールになる。

Cosmosのオリジナルの上下カメラを排し、Cosmos XRは代わりに4つの前方カメラを備えている。2つは追跡用、2つはパススルー用だ。オリジナルのCosmosデザインの技術的能力を拡張することにより、Cosmos XRは、ユーザーが既存のハードウェアをアップグレードできるようになっている。

3、VIVE Cosmos Play –エントリーレベルのVR


「エントリーレベル」ヘッドセットと呼ばれているVive Cosmos Playは、VR技術に新たに触れるユーザー向けに設計されている。 4つのオンボードカメラにより、外部トラッカーが不要になり、ユーザーはインサイドアウトトラッキングによってプレイスペース内を自由に移動できる。ヘッドセットは、Viveport Video、Angry Birds VR:Pig of Isles、The Curious Tale of the Stolen Pets、A Fisherman’s Taleなどの基本的なVRゲームやアプリケーションに最適だ。

企業での使用に関しては、ヘッドセットは、従業員を訓練したり消費者と交流する新しい方法を探している企業にとって有用である可能性がある。パブリックなVR体験に提供するには、 Vive Cosmos Playは手頃な価格で使いやすいオプションだ。

Playの所有者は、Vive CosmosのさまざまなフェースプレートなどのViveのVRアクセサリを使用して、Vive Cosmosを簡単にアップグレードできる。 Vive Cosmos Playの詳細は、今後数カ月以内にリリースされる予定だ。

HTCのCEOであるYvesMaître氏は、プレスリリースで次のように述べている。
「Vive Cosmosは、これまでで最も多用途のヘッドセットです。VRを初めて使う消費者から要求の厳しいビジネスユーザーに至るまで、 Vive Cosmosは、優れた品質、快適さ、およびフェイスプレートの変更からワイヤレスなどのオプションの追加まで、VRとXRの旅を進化させる能力を提供します」

事前予約や価格などの詳細情報はVIVEのウェブサイトで確認できる。

※元記事:VR SCOUT

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。