2020年06月02日

カジノ事業者IPI、サイパン直行便就航で日本人誘客に注力

casino

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業者のインペリアルパシフィックインターナショナル(Imperial Pacific International、IPI)は、日本からサイパンへの直行便が就航したのに合わせて、ガラパンにあるビーチフロントのカジノに日本人客を呼び込む計画を立てている。Marianas Varietyが9日伝えた

IPIの上級副社長であるドナルド・ブラウン氏によると、日本からの観光客やVIPギャンブラーを扱うマーケティング担当者がいるという。

スカイマーク航空の東京-サイパン間の直行便が改めて就航したことにより、東京からサイパンまで4時間足らずで行けるようになった。IPIは先月入居を開始したばかりのインペリアル・パレス・リゾートに日本人観光客を誘致したい考えだ。

ブラウン上級副社長は次のように述べた。
「サイパン、そして太平洋地域の市場を見ると、我々と競争できる他の高級リゾートはありません。 これはサイパンだけでなく、この地域全体のゲームチェンジャーです。我々のチームが提供する豪華な設備と高度にパーソナライズされたサービスにより、我々は高級ホテル業界の大手企業と競争する絶好の位置にいます。今や中国、日本、韓国にまでマーケットできるので、遠くまで市場をカバーできます。インペリアル・パレス・リゾートが完成したので、日本やその他の国から観光客を呼び込めるでしょう」

昨年12月初旬、IPIは豪華でアメニティを備えた6つのビーチフロントヴィラをオープンした。商工観光委員会の議長を務めるジョセフ・リーパン・ゲレロ議員は、IPIがハイローラーだけでなく、日本の家族や新婚カップルなども重点ターゲットにしていると述べた。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。