2020年06月02日

2020 Call of Duty Leagueシーズン、新ポイントシステムが明らかに

esports

Activisionは9日、eスポーツリーグ「Call of Duty League」の、トーナメントベースのプレーの詳細と、2020年のレギュラーシーズンの順位を決定する新しいCDLポイントシステムの導入について発表した。

1月24〜26日にミネアポリスで開催されるLaunch Weekendから始まる2020年のレギュラーシーズンを通し、参加チームは、コールオブデューティリーグ(CDL)ポイントを競う。

各チームは試合に勝利するごとに10 CDLポイントを獲得する。リーグの順位は、累積されたCDLポイントの合計によって決定される。Launch Weekendでは、12チームが2試合する。

2月8日にロンドンで開催されるHome Series Weekendでは、トーナメントで8つのチームが競う。8つのチームは、4チームずつの2グループ(グループAの4チームとグループBの4チーム)に分けられる。各グループの第1ラウンドの対戦は、事務局によって各イベントの前に決定される。

各Home Series Weekendにわたって、それぞれのグループで2試合を勝利した4つのチームは、Home Series Weekendの勝者を決定するためにシングルエリミネーション・トーナメントに進出する。Home Series Weekendの全体の勝者は、ボーナスとして10CDLポイントをさらに獲得する。

要約すると、各Home Series Weekendでは、CDLポイントは次のように配布される。

1位– 50 CDLポイント
2位– 30 CDLポイント
3位/ 4位– 20 CDLポイント
5位/ 6位– 10 CDLポイント
7位/ 8位– 0 CDLポイント

レギュラーシーズンに稼いだCDLポイントにより、4つのワイルドカードスポットから上がってきた2チームを含む上位8位がプレーオフに進む。ワイルドカードマッチからの2チームは、3番目と4番目の全体シードと対決し、ダブルエリミネーションブラケットを開始する。ダブルエリミネーションプレイが開始されると、上位2つのシードはファーストラウンドのバイが与えられる。 そして最後の2チームが、Call of Duty League Championshipに出場する。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。