2020年10月25日

Xbox Game Pass Ultimateメンバー、追加料金なしでxCloudストリーミングを取得可能に

Xbox Game Pass Ultimateにもう一つのお得な機能が追加される。マイクロソフトは今年9月に、同社のプレミアムゲームサブスクリプションサービスとストリーミング技術「Project xCloud」を組み合わせる計画だ。Xbox Game Pass Ultimateメンバーになれば、9月以降「Project xCloud」のタイトルが無料で楽しめるようになる。マイクロソフトは16日、Xboxの責任者であるフィル・スペンサー氏のブログ記事でこの追加を発表した。Venture Beatが同日伝えた

スペンサー氏は「Xbox Game Pass Ultimateのクラウドゲーミングは、ゲームをリビングルームに閉じ込めておく必要がないことを意味します。人気のある映画や音楽のストリーミングサービスと同じように、Xbox Game Pass Ultimateにクラウドゲーミングが導入されれば、どのデバイスからでもどこでもゲームを続けることができます」と書いている。

スペンサー氏は、これはXbox Game Pass Ultimate専用の機能であり、通常のGame Passのティアではないと注意喚起した。Ultimateは、Xbox Game Passの月額1100円のバリエーションだ。それは、PCだけでなく、XboxのためのNetflixのゲームスタイルのサービスへのアクセスが含まれている。UltimateはさらにプレイヤーにXbox Liveゴールドを提供する。

これはおそらく標準的な Xboxゲームパスを持っている場合、クラウドからゲームを取得するオプションを持っていないことを意味する。マイクロソフトは、そのタイプのアカウントをアップグレードする方法については説明していない。

マイクロソフトのこの動きは、プレイヤーをエコシステムに取り込むための積極的な取り組みの一環だ。ソニーにはPlayStation Nowがあり、xCloudでのゲームパスとよく似ている。しかし、Xbox Game Studiosから発売されるゲームはすべて、最初の発売日にマイクロソフトのサブスクリプションに登録されてしまう。ソニーは大作ゲームのほとんどを控えている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。