2021年10月24日

Watford FCとStake.comが数年にわたる主要パートナーシップを発表締結

本日、Watfordは世界大手の仮想通貨カジノ・スポーツベッティングプラットフォームであるStake.comとのパートナーシップを発表。Stakeが2021/2022シーズンのプレミアリーグでのクラブのメインユニフォームスポンサーとなる。

急成長を見せている仮想通貨ブランドとプレミアリーグのチームの提携は、昨シーズンのチャン
ピオンシップ以来の大きな注目を浴びるだろう。

グローバルな成長を続けるStakeは、Watfordとのパートナーシップでプレミアリーグのグローバルな注目度を利用して世界にブランドを認知させることを目指す。特にイギリスでは、Stake.co.ukのローンチが予定されているため、認知度をあげたい意向だ。

パートナーシップの締結を記念し、Stakeは、そのグローバルプラットフォームでの1,000万Dogecoinのギブアウェイなど、仮想通貨に関連したイニシアチブを予定している。さらに、イギリスでは、Stakeのイギリス版ウェブサイト「Stake.co.uk」のローンチに先駆け、その他にも複数のプロモーションとギブアウェイを予定している。

2017年に設立されたStakeは業界トップのプラットフォームであり、年間300億のベットを取扱い、世界でのBitcoinの取引の5%以上を占める。Watfordとのパートナーシップは、Stakeのスポーツスポンサーシップのポートフォリオを拡大するものであり、今年3月に発表された南米およびアジアでのUFCの公式ベッティングパートナーシップの締結に続くものである。

Watford FCのチェアマン、Scott Duxbury(スコット・ダクスバリー)は次のように言う。
「2021/2022シーズンに向けて、Stakeをユニフォームのメインスポンサーに迎えられることを非常に嬉しく思う。Watfordがプレミアリーグでの新シーズンを迎えるにあたり、非常にエキサイティングなキャンペーンになるだろう。Watfordの野心と理念、成功を実現するための改革への取組みと一致するパートナーを得ることができ、これ以上の喜びはないと思う。」

Stake.co.ukのCEO、Mladen Vuckovic(ムラデン・ブコビッチ)は次のようにコメントする。「過去数年間、Stakeはコンスタントな成長を見せてきた。今回のWatfordとのパートナーシップは当社にとって新たな章の始まりとなるだろう。輝かしい歴史と真にイノベーティブな精神を持ち合わせたこのようなクラブと提携できることに喜びを隠せない。我々はWatfordファミリーとして重要な役割を果たせるよう取り組んでいく所存で、これから数ヶ月の間、ファンのためにエキサイティングなイニシアチブも予定しているのでぜひチェックしてほしい!」

詳細はStake.comを参照のこと。

プレス関連のお問い合わせはBrais Pena(press@stake.com)までお願いいたします。

 

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。