2020年08月14日

フェイスブックのディスプレイ研究者、将来のVRヘッドセットの概要を説明

フェイスブック・リアリティ・ラボのDisplay Systems Researchのディレクターが行った講演の動画は、VRヘッドセットの光学設計の未来について、目を見張るような概要を提供している。UPLOAD VRが伝えた

ダグラス・ランマン氏の講演の動画は、1月にサンフランシスコで開催されたエレクトロニック・イメージング・シンポジウムでの講演から約半年後に掲載された。これは、フェイスブックのVRとAR研究のトップであるマイケル・アブラッシュ氏がOculus Connectで年次更新を行った数カ月後の話であり、コロナウイルスの流行のために世界中の対面イベントがキャンセルされる直前の話だ。

ランマン氏は以前、NVIDIAに勤務し、Near-Eye Light Field に関するアイデアを開発していた。現在は フェイスブックに6 年以上在籍しており、他の研究者にFRLへの就職を促す講演を時々行っているほか、研究中 VRビジュアルのさまざまな進歩についても語っている。

この研究の多くは、現在の消費者向けデザインのほとんどすべてを悩ませているバージェンスとアコモデーションの衝突を緩和することで、VRでより快適な視覚を提供することを目的としたハーフドームバリフォーカルの試作品などがある。しかし、今回の講演でランマン氏は、本当に優れたアイトラッキングが今後の進歩の重要な一部になると確信したようだ。

それでも、1 時間10分間の講演では、VR ヘッドセットの光学研究の最先端を比較的簡潔かつ科学的に正確に紹介している。将来のヘッドセット設計を改善するために、地球上で最高の資金を提供している VR 研究グループの 1 つが取り組んでいるアイデアや課題に興味がある人には、この講演を視聴することをお勧めする。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。