2020年10月29日

VR魔法体験シュミレーター『Waltz of the Wizard』、2021年初頭に大規模拡張

Aldin DynamicsがSteamとQuestでVR魔法体験シュミレーター『Waltz of the Wizard』の大規模な拡張を計画している。広大な新エリアに加えて、ユーザーがコントロールできる新しい魔法の形態などが特徴の”Natural Magic “を追加する。UPLOAD VRが伝えた

アップデートは2021年初頭に予定されており、Aldinはリリースに合わせてゲームの価格を値上げするようだ。PC VRヘッドセットやQuestを持っていて『Waltz of the Wizard』をまだプレイしていない人は、今がタイトルを手に入れる良い機会かもしれない。

Aldin Dynamicsは2013年に設立され、Waltzは2016年にトラッキングモーションコントローラーを搭載したルームスケールPC VRの初期の例として出荷されて以来、同スタジオのフラッグシップゲームとなっている。開発者は一貫して拡張とアップデートを繰り返しており、Steamで入手可能な拡張版とQuest版は、全体を通してコントローラー不要のハンドトラッキングをサポートした数少ないタイトルの1つ。Quest版のWaltz of the Wizardの指ベースのスリングショットは必見だ。

Natural Magicの拡張は、ユーザーがコントロールできる新しい魔法の形態や、新しい場所が追加されたAldin初の『Waltz of the Wizard』のフル拡張と説明されている。特に、新しい城の中庭は、『Waltz of the Wizard』のメインルームの3倍の広さを持ちながらも、全体的にインタラクティブな要素が満載。AldinのCEOであるHrafn Thorisson氏によると、プロシージャルに生成された迷路には罠が仕掛けられているほか、「イースターエッグや手描きのイベントも用意されており、体験にバラエティを加えています」という。

アイトラッキングとマルチユーザーモードを模索中で、公式のAldinのDiscordグループでは、招待制のベータ版に参加できるチャンスがある。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。