2020年09月23日

トレーナーの指導付きVRフィットネス「Supernatural」、23日にOculus Questで発売

VR

カリフォルニア拠点でAR読み聞かせアプリ「Wonderscope」開発会社のWithinは、オンデマンドのフルボディワークアウトと実在のトレーナーによる専門的な指導を特徴とするオールインワンVRフィットネス「Supernatural」を23日に発売すると発表した。対応ヘッドセットはOculus Questだ。専用のコンパニオンアプリも用意されており、ウェアラブル技術とペアリングすることが可能だ。VR Scoutが11日伝えた

OculusとのインタビューでWithinの創業者兼CEOクリス・ミルク氏は次のように述べた。
「Withinの共同創業者アーロン・コブリンと私は、実際の子供を持っていないのに『お父さん体型』になっていたことに気づいたとき、何かをしなければならないと思っていました。私たちはどちらも運動が好きではありませんでしたし、運動を続けるのも得意ではありませんでした。ジムに通うことの煩わしさが嫌いで、自宅でできるフィットネスソリューションは特に楽しいものではないと思っていました。定期的に運動することで得られるメリットを求めていましたが、長期的な結果を得るために必要な短期的なアクティビティを楽しむことはできていませんでした」

この体験は、「Beat Saber」や「OhShape」などの既存のVRリズムゲームと同様に、ゲーム化されたダンスを中心とするものだ。プレイヤーはVRバットを使って単色のターゲットを連打すると同時に、光る三角形のトンネルの中を体を動かし、全身を使った有酸素運動を行う。しかし、「Beat Saber」とは異なり、バーチャルワークアウト中はプレイヤーは一人ではなく、プロのフィットネストレーナーが同行し、セッションのガイドをしてくれる。このアプリでは、プレイヤーの個人的な力の範囲を記録し、特に強いスイングをした場合には報酬を得ることができる。

新しいワークアウトは、「Supernaturals」のサブスクリプションサービスの一部として毎日提供される。アプリのローンチ時には月額20ドルの割引価格で利用でき、無料トライアルも含まれる。これらのトレーニングセッションは、人気アーティストの音楽をフィーチャーし、静かな山の頂上や失われたインカ帝国のマチュピチュの城塞など、さまざまなフォトリアリスティックな風景の中で行われる。

マイク氏は次ように続ける。
「私たちは、完全に形成されたエクササイズプラットフォームを開発したいと考えていました。そのためには、新しいワークアウトの幅広いパイプラインにコミットし、新しい世界で新しい曲を使った新しいワークアウトを作成し、それらを毎日利用できるようにすることが必要でした。毎日のコンテンツを制作するには、時間とリソース、素晴らしいチーム、そして多くのインフラが必要ですが、投資する価値があることはわかっていました」

「それと同じくらい重要なのは、すでに知っている好きな音楽、つまり本能的に体が動くような音楽を使うことです。それはとても基本的なことなので、妥協することはできないと思っていました。私たちは、好きな曲が流れてきたときの驚きや喜びを感じてもらいたいと思っています。ムーブメントマップは、基本的にはダンスをゲーム化したものです。正直言って、クラブに行って、聞いたことのない曲だけを踊りたいとは思わないでしょう」

VR体験に付随して、プレイヤーは専用のコンパニオンアプリを使用してフィットネスの進捗状況を確認できる。これには、ウェアラブルのBluetooth技術をペアリングして心拍数をモニターしたり、ワークアウトのスケジュールを立てたり、プラットフォーム上で友人と競い合ったりする機能が含まれる。

「私たちは、人々に素晴らしいワークアウト体験を提供するエコシステム全体を構築し、毎日ワクワクしてまた来たくなるようにしました。これには、コーチング、モバイルコンパニオンアプリ、リーダーボード、Bluetooth心拍数の統合などが含まれます。コンパニオンアプリは、カレンダーにリマインダーを設定したり、友達と接続してチャレンジしたりすることもできます。私たちは、これを可能な限りインテリジェントなものにしたいと考えていたので、あなたの体、あなたの努力、最適な心拍数など、あなたに合わせて独自に調整しています」

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。