2024年5月22日

オーストラリアのカジノ運営会社The Starは今週、ビクトリア州最高裁判所において、証券集団訴訟の請求書を再度送達された。今回の訴訟は、「誤解を招く表現」と「マネーロンダリング防止およびテロ資金対策の義務を遵守するためのシステムとプロセスに関する透明性の欠如」の疑いで起こされたもので、今週で2件目となる。World Casino Newsが伝えた

これは、1年足らずの間にThe Starに送達された4件目の訴訟であり、今週では2件目の請求である。
今週1件目の訴訟では、運営会社が「これらの事柄について持っていた関連情報を市場に開示せず、The Starの会員全体の利益に反して業務を行った」という主張が、The Starのジャンケットと関連する金融取引に関する業務に拡大されている。

The Starに対する2件目の訴訟は、同社が正式に「ジャンケット、中国マカオ銀行とスターの口座、および中国ユニオンペイの遷移に関連する行為 」についての情報を通知していなかったことを主張している。 同社は昨日、請求書の受領を発表し、訴訟手続を弁護する意向を明らかにした。

発表ではまた、The Starが州の規制当局やオーストラリアの金融犯罪監視機関であるAUSTRACによるマネーロンダリング対策の調査の焦点となっていたことから、「この請求は、Slater & Gordon(2022年3月30日に発表)、Maurice Blackburn(2022年11月7日)およびPhi Finney McDonald(2023年2月6日)が個別に起こした証券集団訴訟にかなり重なる」と述べている。その結果、クイーンズランド州とシドニー州のギャンブルライセンスは停止され、両施設は現在、独立した任命者によって運営されている。