2020年09月30日

フィリピン、コロナによる財政的損失を国有カジノ売却で回収する案浮上

philippines

フィリピンでは、コロナウイルス(COVID-1)の大流行によって引き起こされた財政的損失を回収するため、フィリピン娯楽賭博公社(PAGCOR)が経営しているカジノを売却する案が持ち上がっている。計画が成功すれば、PAGCORが所有する47カ所の施設すべてが民営化される可能性がある。CalvinAyreが14日伝えた

野党リーダーのフランクリン・ドリロン氏が提案した。同氏はコロナウイルスによる危機にある国を助けるため、PAGCORが管理している資産や国家慈善宝くじ事務局(PCSO)の資産を民営化することが自由な資本を生み出す最も迅速で簡単な方法であると考えている。CNNフィリピンの取材に対し、政府は不動産の売却で3000億ペソ(約6340億円)の収益を上げられる可能性があると指摘し、次のように語った。
「政府は追加収益を上げるために遠くを見る必要はない。国がこのパンデミックを乗り切るために必要としている資源は、低い所にぶら下がっている果実のようなものであり、政府はすぐに利用できる」。

PAGCORのカジノを民営化するというアイデアは、2016年に初めて提案された。議論は、賭博施設を民間企業が運営することで、賭博規制当局が本来の目的である賭博業界の規制に集中できるようにすべきだというものだった。しかし、PAGCORのカジノが利益を出し始めたため、この提案はあまり成果を上げなかった。同庁のアンドレア・ドミンゴ会長兼最高経営責任者(CEO)は、2年前にIAGに対し次のように話している。
「今後数年間は、PAGCORはまだ利益を上げているでしょう。PAGCORが所有し運営しているカジノで得たゲーミング収益(GGR)は100%政府に直接還元されます。IRの場合、GGRに対する我々のシェアは約19.5%なので、これと毎年の国政への貢献を考慮し、これを除外すると、新しいIRがこの金額を貢献するのに5年かかることになり、少なくとも今後10年間は、国政への純貢献が自動的に220億ペソ減少します」

PAGCORの資産の売却がすぐに行われると仮定するのは、不可能ではないにしても難しい。最近の世界中のカジノ買収プロジェクトを見ても、それは単純なプロセスではないことがわかる。完了させるべき評価、会計分析、規制当局の承認の確保、そして最も重要なことは、取引を完了させるために必要な資金の確保がある。祖母の金のイヤリングを売るために地元の質屋に走るように、カジノの販売が迅速な現金になると考えるのはナイーブだろうし、全体のプロセスは、ほとんどの場合、複数の人が期待している経済的支援レベルには達せず、また、期待している時間枠内で終えられないだろう。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。